ここから本文です

上映中

オフィシャル・シークレット (2018)

OFFICIAL SECRETS

監督
ギャヴィン・フッド
  • みたいムービー 167
  • みたログ 269

4.01 / 評価:215件

圧倒的正義

  • ガーディニア🥺 さん
  • 2020年10月4日 15時25分
  • 閲覧数 356
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公キャサリンがイギリス政府の諜報に関する仕事中に、あの有名な2003年のイラク攻撃を前提としたアメリカの裏工作情報を入手し、マスコミにリークし大問題になった実話をベースにした話。

コンプライアンスがうるさくなった今日に、この最初のリークシーンを見ていて複雑な気分になった方も多いはず。うっかり漏らし賠償1000万なんてこともありましたな。まだそれらが緩かった時代の話かもしれないが、例え正義感とはいえ、その気持ちは彼女自身のものであるし、自分の都合であるから、当然罪に問われることになる。ここまでのシーンは割とハラハラドキドキである。

やがてバレて政府を敵に回すことになる。
少女の面影が残るようなキーラ・ナイトレイ演ずる主人公キャサリンは、一見秘密暴露をしでかすようには見えないが、意思がありそうな眼光やすこしエラがはった口元あたりに、その正義感が当てはまりそうな顔立ち。
映画を見ている誰もが、事件発覚後しょっちゅうベッドで寝込むこの、か弱いキャサリンが、なんとか無罪になってほしい、弁護士がんばれ!と感じずにはいられなくなるはず。

例え正義のためとはいえ、職場のコンプライアンスを無視してリークをしなければならないようなことが、今後自分の生活にも降りかかることがあるだろうか。実際にあっても自分はスルーするだろうか、などを考えながら、映画ラストの、モノホンのキャサリンの最後のインタビューの言葉に、静かに拍手を送りました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 絶望的
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ