ここから本文です

上映中

オフィシャル・シークレット (2018)

OFFICIAL SECRETS

監督
ギャヴィン・フッド
  • みたいムービー 168
  • みたログ 271

4.02 / 評価:216件

展開も構成も、根本の問題も面白い

  • ron***** さん
  • 2級
  • 2020年8月31日 13時59分
  • 閲覧数 181
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のギャヴィン・フッド監督が、2003年に起きた告発事件を映画化したポリティカル・サスペンス。
2003年のイラク戦争前。
英国の諜報機関 GCHQのャサリン・ガンはある日驚きのメールを受け取る。
盗聴を要請するそのメールの内容に憤りを感じたキャサリンは、元同僚の友人を訪ね、マスコミにリークしたいと相談する。
GCHQではリークした犯人探しが始まる中、キャサリンは自ら名乗り出るが、告発も空しくイラク侵攻は開始され、キャサリンは起訴される。。。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのキーラ・ナイトレイが主演を務める。出演は他に、「チャーリー・セズ/マンソンの女たち」のマット・スミスや、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」でキーラと共演したマシュー・グード、「シンドラーのリスト」などのレイフ・ファインズ、「マイ・ファニー・レディー」などのリス・エヴァンスなど。
脚本はサラ・バーンスタイン 、 グレゴリー・バーンスタイン 、 ギャヴィン・フッド。
音楽は「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」のポール・ヘプカー 、「ピッチ・パーフェクト」などの マーク・キリアン。
原題「OFFICIAL SECRETS」
イギリス映画
配給は東北新社
2018年作品
上映時間112分

お、これは面白い。
展開も構成も面白い。
脚本もいい本だと思います。
もう少し、エピソードにイアンパクトが欲しいとは思うが十分2時間見せる力はあります。

スパイ系の映画なのかなと思ってたら違った。
どちらかと言うと、後半は裁判もの。
現在公開中の「ジュディの秘密」に根本に似ている。

贅沢を言うともうちょいスリリングさもあってもいいかな。
でもこれは実話のようなのでしょうがないのですかね。
もう少しだけ、色付けしてよりドラマティックにしてもいいかなとは思いますが。

しかし、こんなことがあったなんて全く知りませんでした。
何が正義なんでしょうか。
ネタバレなんで言えませんが、裁判の結果も苦笑い的で国家の答えらしく良かった。
それに裁判の焦点が、一スパイ容疑から、戦争そのものになっていくのもとても興味深かった。
主人公が、広島に関わっていたことにも心を打たれた。

なんか今の日本政府もこんなことしてるんじゃないかと思う。
色々と考えさせられる内容になってます。
イラク戦争がいかに大義のない戦争だったか。
イギリスのブレア首相が、当時のブッシュ政権に加勢した裏側を告発した一女性のお話を、夫婦愛も交えながら見事に描いてます。
この夫婦愛の描き方が、また描き過ぎず、描きなさ過ぎずで絶妙なバランス。
こういう国家の裏側な話が好きな人は、かなり興味をそそられるのではないでしょか。
ブッシュが右寄りだったのも良くわかる。
この事件のこと、少なくてもネットでもいいからちょっと調べてみようと思った。
これは、もっと世界の人々にたくさん観てもらいたい作品です。
てか、これを作れる、これを作っても許されるイギリス、アメリカの懐も深いのか。

それに名優レイフ・ファインズ。
いいですね。
出てくるだけで画面が締まる。
そして出番はそんなに多くないけど、良い役。

興行的には、現段階では上映館数20館と少ない。
アート系単館ロードショー作品ですが、一部シネコンでも上映してます。
上映館数が少ないので大した興行は期待できないです。
この作品も2018年作品で、お蔵入りになってましたが、コロナで洋画が入ってこないから、引っ張り出された作品です。
最終興行収入は900万円と予想。
コロナがなかったら、お蔵入りになっていたんでしょうか。
日の目を見て良かったです。

星4つ(5点満点)
★★★★

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ