レビュー一覧に戻る
透明人間
2020年7月10日公開

透明人間

THE INVISIBLE MAN

PG121252020年7月10日公開

スナフキンM

4.0

ネタバレ前半のホラー度特に秀逸。後半はやや疑問

大成功をして超豪邸に住んでいるのに、さして美人とはいえない奥さんに固執するあたりが逆に面白い。 前半、自殺して死んだはずの夫エイドリアンが実は生きていて透明人間として常に監視されている感の演出が実に怖くてうまい。犬は騙せないのと、やはり気配というのは感じるのだろう。見えない恐怖がリアリティあった。 中盤は透明人間ありきで、今度は、姿を見せないが攻撃に移る。面白いのだが、ここでホラーからSFに変化してしまい恐怖度はダウンしてしまった。妹の殺害はビックリ。 後半は開き直った妻の反撃。実は兄弟が連携していたわけだが、発明はエイドリアンにしても実行はどちらか確定させていないのに、ラストは決めつけてエイドリアンを殺害してしまうのはある意味、妻も相当なもの。 透明の手法が実際に透明になっているわけではなく、みている側に見えなくさせているため(あるいは全方位ホログラフとか?)、質量として実在しているのが弱点にもなるわけだ。演出としてもプレデターのような偏光ではなく、まったくいないようにしているので、相手の役者がいるように演技しているだけというのもシンプルながらよくできている。 それにしても凄い発明だが、ストーカーくらいしか使い道ないよねえ。

閲覧数656