ここから本文です

上映中

透明人間 (2020)

THE INVISIBLE MAN

監督
リー・ワネル
  • みたいムービー 305
  • みたログ 795

3.71 / 評価:650件

透明は不自由

  • kae***** さん
  • 2020年8月2日 11時31分
  • 閲覧数 357
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画では透明人間が壁や扉を自由にすり抜けて動き回っているように見える。誰にもぶつからずにあちこちへ、不思議だ。
実際に透明になったら、本人ももちろん自分の体が見えない訳だから物を的確につかむのは難しいし、足の指は机の角にぶつけまくる。階段の上り下りも非常に困難。外を歩けば後ろから自転車に突っ込まれるだろうし、青信号で渡っても車にはねられる。常に前後左右を気にしなければならない。満員電車には絶対乗れない。ソファで休憩しても誰かにドサッと座られる。気の休まる時が無い筈だ。
1933年製作の「透明人間」では、透明である事の苦労話が面白い。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ