レビュー一覧に戻る
ワンダーウォール 劇場版
2020年4月10日公開

ワンダーウォール 劇場版

682020年4月10日公開

aoa********

3.0

彼らは戦わせてもらえない

学生寮の存続を掛けて寮生と大学側が争うお話…だと思ったんですが、観終わってみるとそんな感じでもなかった。なんていうか「(映画なのに)行間をかなり深くまで読まないといけない」作品に感じました。ちなみに作品冒頭に「これはラブストーリーだ」的な事を言っていたような気がしますが…もしそうであるのなら深すぎてもう理解できないw。 もともとは映画ではなくてNHKのドラマらしいけど、作品全体がとにかく淡々としてます。登場してくる学生たちもイマドキの感じ(当たり前だけどw)。基本的に彼らは「動」ではなくて「静」なんだよね。自己完結をして結局は大勢に飲み込まれてしまう…。なので『ぼくの村の話』みたいな理不尽な体制と戦う作品を期待して観ると肩透かしを喰らいます。一方で現在も公開されている『三島由紀夫vs東大全共闘』と合わせて観ると面白いかも。つくづく三島由紀夫が危惧した通りの日本になっているんだなぁ…と。『ワンダーウォール』でも結局最後まで大学側の責任者(敵)は姿を現しません。戦わないというより戦わせてももらえない近代の学生さんたちは…やっぱ不幸なのかな。そういう意味では『ワンダーウォール』というタイトルは秀逸なのかもせれませんね。

閲覧数971