ここから本文です

上映中

82年生まれ、キム・ジヨン (2019)

KIM JI-YOUNG: BORN 1982

監督
キム・ドヨン
  • みたいムービー 232
  • みたログ 487

3.66 / 評価:419件

変わらぬ男女差別の根深さ

  • nob***** さん
  • 2020年10月18日 14時44分
  • 閲覧数 807
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作は、韓国の旧態依然とした男女差別問題をテーマにした作品であり、韓国の男性中心社会の中で、歳を重ねるとともに生き辛さを感じるようになった女性の姿を通して、韓国映画らしい、容赦ない、赤裸々な表現で、男女差別問題に迫っていく社会派人間ドラマである。日本も韓国同様の男女差別社会なので、身近で切実で考えさせられる作品だった。

本作の主人公は、1982年生まれの専業主婦ジヨン(チョン・ユミ)。彼女は、結婚して仕事を辞め家事と子育てに追われる生活を送っていたが、仕事を辞めて社会との接点が少なくなったことで、男性中心社会で暮らすことに、生き辛さを感じるようになっていた。そして時々別人になってしまうという病を発症してしまう。彼女は自分の豹変に気付かなかった。優しい夫も彼女のショックを心配して言い出せずにいた。そんな時、彼女は元職場から復職の打診を受ける。夫が育児休暇を取ることを条件に復職の話を進めるが、義母に猛反対され断念する・・・。

男尊女卑問題の是正が叫ばれて久しいが、男女差別問題解決は遅々として進んでいない。何故か。社会の仕組みが男性中心になっている。さらに、本作での男性諸氏の発言から明らかなように、男性の男女差別意識が希薄であり、現状の男性中心社会に問題があると考えていないからである。

女性側も苦悩している。男性と同等の仕事をするには犠牲を伴う。結婚、出産、育児に支障が出る可能性が高い。主人公が、“今、幸せですか?”と質問した時の女性上司の表情にその苦悩ぶりが如実に表れている。

ラストシーン。主人公は生き甲斐を感じるものを見つけて邁進していく。本作は、男女差別の問題に鋭く切り込んだだけでなく、その解決方法の一つを提示している。本件は社会全体からみれば小波の様なものであり、甘い考えかもしれないが、個々の問題を粘り強く解決していけば、小波はやがて大きなうねりとなり社会を変えていくだろうという希望の光を感じた作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ