ここから本文です

上映中

ミッドサマー ディレクターズカット版 (2019)

MIDSOMMAR

監督
アリ・アスター
  • みたいムービー 20
  • みたログ 106

3.84 / 評価:80件

不得意ですが、何か?

  • gir***** さん
  • 2020年3月18日 0時40分
  • 閲覧数 1043
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

評判の作品だったので前情報なしでいきなりディレクターズカットガーリック増しを見に行きました。
ネタバレなしで書く信条なので、白々しい表現をいくつか使いますがご勘弁を。

安心と安定の松浦美奈翻訳で、第3世界なんだけど爽やか要素のある未知不知なものを扱わせたらこの方の右に出る方はいません。
松浦さんの翻訳は99点。全編分かりやすかった。競馬と腕時計には詳しくなかった、ということだけお伝えしましょう。むしろドンズバなカタカナ表記だったら爆笑していたかもしれません。

細かいところを見落としたかも?という声をいくつか聞いておりまして、きっとそれはクライマックスにかかるのだろうなとも感じました。想像力で補完できる・・・というかむしろそらそうでしょ、となるわけです。
○○で○○だから、そらそうよ。
用意周到?計画的?むしろ行き当たりばったり?運もある?そんなエンディングを迎えるわけです。

で、あのシーンのあの人たちの、あの並びは、けっこう多くを物語っています。
コミュニティに歴史あり、ですね。

「先が読めた」というレビューもよく目にします。もったいないですね。ある程度受けたほうが絶対楽しいはず。
「回転ずしのレーンの角を凝視するゲーム」じゃなくてこれは映画ですから、来たものをいじる、驚く、笑う、味わう、そんなスタンスがいちばん楽しめると思います。

ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、そしてそれはあの人にとってはどうなのか、そうするとあの行動はああいう意味があるのねと、あとでいくつか補完することになるでしょう。

伏線は割と単純じゃないかなと。設定がいくつか効いているなと感じますが。

この手のやつ得意じゃないんですが、面白く鑑賞できました。やっぱ松浦美奈さんが最高だな。

イメージワードは「ダビスタ」だな、「ダビスタ」。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ