ここから本文です

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話 (2019)

中国機長/THE CAPTAIN

監督
アンドリュー・ラウ
  • みたいムービー 26
  • みたログ 43

3.54 / 評価:39件

解説

2018年に中国で実際に起きた飛行機事故をもとに、『インファナル・アフェア』三部作などのアンドリュー・ラウ監督と『マンハント』などのチャン・ハンユー主演で映画化したパニック・アクション。高度1万メートルを飛行中の航空機で操縦室のフロントガラスが破損、機長やクルーたちが墜落の危機に陥りながらも乗客を守り抜こうと奮闘する。共演には『-悟空伝-』などのオウ・ハオや『チィファの手紙』などのトー・チアンなどが名を連ねる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

2018年5月14日、中国・重慶市からチベット自治区のラサ市に向かう四川航空3U8633便が、リュー機長(チャン・ハンユー)ら9名のクルーと119名の乗客を乗せて出発する。しかし、1万メートルの高空を飛行中に、操縦室のフロントガラスにひびが入り、窓が大破。圧力を失った機体は、操縦も困難になり......。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ