ここから本文です

エンボク (2019)

監督
鈴木浩介
  • みたいムービー 4
  • みたログ 2

3.00 / 評価:1件

解説

山本英夫(原作)とこしばてつや(漫画)のコミックを映画化した『援助交際撲滅運動』シリーズの第4弾。援助交際を繰り返す女子高生と、少女を食いものにする者たちのバトルが描かれる。ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」などの秋乃ゆにがヒロインを務め、板尾創路、山本浩司、諏訪太朗らが共演。前3作に続き鈴木浩介がメガホンを取り、俳優でもある増本庄一郎が脚本を手掛けた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

高校生の愛美(秋乃ゆに)は、自分の夢をかなえるために援助交際で金を稼いでいた。一方、援助交際絡みで家族を失った過去を持つ警察官・熊切(板尾創路)は出所した3人の元性犯罪者の面倒を見ていたが、彼らは熊切に隠れて援交少女を襲い、インターネット上にさらす「援助交際撲滅運動」を行っていた。やがて、SNSを通して愛美と彼らが出会う。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ