ここから本文です

ライブリポート (2019)

LINE OF DUTY

監督
スティーヴン・C・ミラー
  • みたいムービー 48
  • みたログ 165

3.09 / 評価:127件

計算が得意な犯人だこと…

  • 一人旅 さん
  • 2020年12月7日 21時22分
  • 閲覧数 389
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

スティーヴン・C・ミラー監督作。

アーロン・エッカート主演のクライムスリラーで、誘拐・監禁された少女の救出に奔走する訳あり警官&素人リポーターの勇姿を描いています。

警察署長の11歳になる愛娘が誘拐・監禁され64分後に溺死してしまうことが判明する中、事件現場に偶然居合わせた主人公の中年警官&ライブ配信を生業とするヒロインの素人リポーターがどこかで助けを待つ少女を救出すべく力を合わせて奮闘する様子を、警官が抱える痛ましい過去の明示と“64分”に拘る誘拐犯の犯行動機の解明と共に描いていくスリラー映画で、ヒロインが持つ手持ちカメラによって視聴者が捜査の状況をリアルタイムで把握できるという現代的シチュエーションが特色となっています。

『ヒート』(95)を限りなく薄味にした市街地での銃撃戦や爆発物が仕掛けられた一軒家での捜索劇、飛行中のヘリでのスリリングな格闘…と多彩なサスペンスアクションを盛り込んでいて、共に行動する中で絆を育んでいく警官&リポーターの異色バディムービーとしても見入ることができます。

ただ、ヒロインによる捜査の生中継があまり作劇に活かされていない印象で、画面上に視聴者からの意味のない応援コメントは逐一寄せられますが、視聴者が事件解決の手掛かりを提供してくれるといった建設的な展開もないですし、むしろ緊迫の捜査に素人の女性リポーターが加わったことで若干“足手まとい感”が出てしまっています。それでも、ライブ配信の発信力を活かした終盤の救出劇は、突っ込み所もありますがそれなりに感動を味わわせてくれますし、製作総指揮にも名を連ねた主演のアーロン・エッカートは始終熱のこもった演技を披露しています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ