レビュー一覧に戻る
護られなかった者たちへ
2021年10月1日公開

護られなかった者たちへ

1342021年10月1日公開

myp********

5.0

ネタバレフェイントだ・・

原作を読んでないので、震災の映画かと思っていましたが、震災は震災でもちょっと違う、震災という大きな災害の中で起こった悲劇の出来事が積み重なり、孤独と哀しみを共有する疑似家族として、心の拠り所となる。 その家族が、疑似家族では埋められない出来事が起こる。 生活保護をもらって生活する事は、ある程度の年齢以上の人には、生き恥をさらす・・そんな感覚で、人としてやるべき事ではない、と。 最低限の生活・・辛いな。 国にも家族にも誰にも頼ってはいけない・・切ない。 自己責任の世の中で、生き方を責められる辛さ。 それでも、図太く生きろ、と人は言う。 災害により色々なものを失い、これでもか、と、追い打ちをかけられる。 自分より誰かが額が多いとか、誰もがギリギリで、人を追い詰める、騙したもん勝ちの世の中っておかしいだろ? 切ない辛い映画だけど、いい映画でした。 先ず観てほしい。 それから、自分の頭で考えて、誰かに優しくしてほしい。 誰かに関わってほしい。

閲覧数3,246