ここから本文です

レディ・オア・ノット (2019)

READY OR NOT

監督
マット・ベティネッリ=オルピン
タイラー・ジレット
  • みたいムービー 28
  • みたログ 141

3.57 / 評価:98件

ラストで★3.0が4.4に大幅UP

  • tokyo_sy*** さん
  • 2021年1月27日 5時13分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1853作品目。WOWOWシネマにて視聴。

さて本作品。

超絶セレブな一族に、新たなる家族として加わる花嫁。

まあ、その一族には秘密が有り、一族の始祖と言うか「願いをかなえてくれた悪魔」と言うか。
その悪魔の言いつけにより、「新しく家族になる者は一枚のカードを引き、そのカードの遊びをプレイしないと家族になれない」

そのルールを何年も何百年も守り、その代わりに富を保証されて来た。

で、まあ今までは「チェス」だの「トランプ」だののカードを引き、平和に「ルールをクリア」して来たけれども。
今回は「かくれんぼ」のカードを引いてしまった。

「かくれんぼカード」が引かれたのは、一家の歴史上たったの一度。
今回が二度目。

家族が「朝までに花嫁を探して殺す」か
花嫁が「必死で隠れつつ朝まで逃げ切る」か

まあ、良くも悪くも
「ゲームと思って逃げている間に、マジの殺し合いと解って来た」だの
「花嫁と思ったら失敗して家族を殺しちゃったよ」だの
当面はそれの繰り返し。

それでも見ごたえがあるのは、何よりもセットが素晴らしい。
いやあ、中世のお城の様な大邸宅。
どこまでがセットか、どこからがCGか全く分からないものの、
いやあ素晴らしい。

で、ラスト。

「君だけは逃がす~」とか何とかゆうてた、花嫁の婚約者は
ヒーローのハズが花嫁を羽交い絞めにして「ここにいるぞ~」と叫ぶ。

見事な、保身全開の裏切り。まあ仕方ない。自分の命がかかってるし。

で、何やかやしている間に、何と言う事でしょう。
カーテンの隙間から朝日が。
何やかやしながら、朝まで「逃げ切りに成功した花嫁」

その途端に、賭けに負け、爆発していくセレブ家族達。

いやあ、心臓発作とか脳梗塞とか呪いで死んで行くのではなく、
まさに線香花火の様に爆発していく肉体。
館は火事に。

一人、脱出して玄関前の階段に座り込み、
おもむろに煙草を取り出し一服する花嫁(笑)

で、駆け付けた警官から「大丈夫ですか?」

花嫁「単なる家族のいざこざよ」

何て清々しく逞しいんだ。

これ、アレですね。
籍を入れた後であるなら、一族の全ての財産をゲットし、
ウハウハな若く美しい未亡人になるのかな。
あ~でも、家族を増やす度に「地獄のゲーム・カード引き」をしなくてはならないなら、一生独身か。まあ、愛人を持つ手もあるからよいか。

何はともあれ、前途洋々な花嫁。
これをハッピーエンドと言わず、どうします。

想定外、想像の遥か斜め上のラストで大幅加点。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ