ここから本文です

上映中

ホテルローヤル (2020)

監督
武正晴
  • みたいムービー 215
  • みたログ 370

3.14 / 評価:316件

解説

第149回直木賞を受賞した桜木紫乃の連作短編集を映画化。北海道の湿原に立つラブホテルを舞台に、ホテルを訪れる男女や従業員などそれぞれに事情を抱えた人々が織り成す人間模様を描く。物語の主軸となるホテルの経営者の一人娘で、原作者の桜木が自身を投影した役柄でもある主人公を、『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』などの波瑠が演じる。『百円の恋』などの武正晴がメガホンを取り、『手紙』などの清水友佳子が脚本を手掛けた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

北国の湿原を望むラブホテル「ホテルローヤル」経営者の一人娘・田中雅代(波瑠)は受験に失敗し、渋々実家の仕事を手伝うことになる。アダルトグッズ会社の営業・宮川聡史(松山ケンイチ)に思いを寄せながら、告白することなく淡々と仕事をこなす間にも、ホテルにはさまざまな境遇の男女が訪れる。ある日、ホテルの一室で心中事件が起こり、さらに父・大吉(安田顕)が病気で倒れてしまう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ