ここから本文です

ダークライト (2019)

DARK LIGHT

監督
パドレイグ・レイノルズ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 27

2.33 / 評価:24件

LEDライト君=炭鉱夫のヘッドライト

  • fg9******** さん
  • 2021年6月3日 14時59分
  • 閲覧数 165
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

…自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。
 …あらすじは解説の次のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ2件のみだ。
 殆ど人目に付かない作品なんだな。
 WOWOWで観たので、そのあらすじを次に書いておこう。
 『母の自殺と自身の離婚で心が疲れ果てたアニー。
 心機一転を図る彼女は娘エミリーを連れ、亡き母と過ごした生家に戻る。
 静かな家での新生活を始めたアニーだったが、やがて奇妙な光が家の周りに現われる怪現象に襲われる。
 そしてある夜、光とともに現われた謎の怪物がエミリーを連れ去ってしまう。
 一方、鼻血を流して夜道を歩いていたエミリーを保護した保安官は、アニーの訴えを信じるどころか彼女による虐待を疑うのだが……。』
 あらすじは書くほどのものはなかったな。
 愛娘を何者かに攫われた母親が保安官等に訴えるものの、丸で相手にされなかったので、孤立無援の戦いを挑むというアルアル・ストーリーだ。
 前半の得体の知れない怪奇現象に襲われて慄き捲るあたりまではそれなりに観ていられたが、母親はまずまずとしても、子供が愛らしくないのは致命的だったかな。
 で、サイコサスペンスものと思い更に観続けると、モンスターパニックの様相を呈してきたものの、満を持して登場したクリーチャーの造形には失笑するしかなかったな。
 顔面全体が一つ目のLEDライト君で、炭鉱夫のヘッドライトを思い描いてしまったものだから、後はもう、オットロしくもなんともなかったな。
 ラストもよくあるパターンで斬新さはなく、前半のゾクゾクパートだけは観ていられたので、精々が1.6点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:4010件、2021年度115作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ