ここから本文です

上映中

レイニーデイ・イン・ニューヨーク (2019)

A RAINY DAY IN NEW YORK

監督
ウディ・アレン
  • みたいムービー 197
  • みたログ 427

3.72 / 評価:331件

濡れた街がセクシー。軽くて上質なラブコメ

  • たまごボーロ さん
  • 2020年9月12日 22時21分
  • 閲覧数 215
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ウディ・アレン監督のかつての養女に対する性虐待容疑でゴタゴタした作品だが、映画自体はやはりおもしろいのだった。軽ーく作ったような作品だが、悔しいかなおもしろい。洒落ていて軽やかな中に苦い味もある。さらっとしたラブコメだけれど、主人公が自分の人生や周囲の人たちとの関わりを見直す話でもある。

ウディは本当に都会をセクシーに撮る監督さんだと思う。ニューヨークの街がこの上なく魅力的だった。
そこをふらつくティモシー・シャラメの美しいこと。ティモシー演じるギャツビーは服装といい(ツイードのジャケットとか、今時の若い男の格好じゃないよ!)昔の映画や音楽の趣味といい神経質な口数の多さといい、まさにウディ・アレンの分身。なのに、雨に濡れた巻き毛のロマンティックなことよ。ピアノの弾き語りシーンもあり。若いのに何でもできる俳優さんだなぁと感心する。

「ギャツビー」という目配せもへったくれもないストレートなネーミング。フィッツジェラルド作品のパロディっぽいシーンもいくつかあった。エル・ファニングの「かわいいし金かかってそうだけどダサい」服装やセリーナ・ゴメスの生意気かわいい感じも、くたびれたジュード・ロウも良かった。

この軽い味わいが物足りない人もいるだろうが、いかにもウディ・アレンらしいウェルメイドな作品だと思う。監督の作品好きなだけに、スキャンダルの方が何とも残念だなあ・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ