レビュー一覧に戻る
BanG Dream! ぽっぴん'どりーむ!
2022年1月1日公開

BanG Dream! ぽっぴん'どりーむ!

712022年1月1日公開

hik********

4.0

バンドは…いつだって夢を見せてくれる。

人気アプリゲームの完全新作の劇場版。 今までも劇場作品は数作あったが、アニメ版の続きを描く、ストーリー的な意味での新作は本作が初。 更に今回は、お馴染みのPoppin’ Partyだけでなく、新バンドのRAISE A SUILENと、モルフォニカも登場。 タイトルに「ぽっぴん」と付いておきながら、これでは羊頭狗肉ではないかと思う人もいるかもしれませんが、 前回のロゼリアの映画と違って、今回はあくまでPoppin’ Partyだけではなく、「BanG Dream!」の新たな物語。 新バンドたちを交えたストーリーで、豪華で賑やかな珍道中が展開されていて良かったと思います。何より、一番の見せ場は確かにPoppin’ Partyに用意されていました。 またモルフォニカは、「フィルムライブ2nd」を除けば完全にアニメ初登場なので、そういう意味での新鮮味もありました。 本作で度々、登場するワードに「夢」というものがあります。 実際に主人公・香澄が夢を見るシーンも2回登場し、自分にとっての夢とは何なのか、バンドとは何なのかを香澄がいま一度考え、Poppin’ Partyの仲間との絆を再確認します。 そして美しい夜空に煌めく「星空」の下で、高らかにライブをするのです。 ライブを行うフェスのテーマは「save the dream」 まさに「ぽっぴん“どりーむ”」。まさにBanG “Dream!”です。 ちなみに、新規の方の鑑賞には全く向きません。 アニメ版は無論、そのアニメ版にすら未登場のモルフォニカという新バンドも登場するので、アプリゲーム版の履修も必須です。 完全に一見さんお断りですが、だからこそコアなバンドリファンに向けた濃い内容となっております。

閲覧数315