レビュー一覧に戻る
BanG Dream! ぽっぴん'どりーむ!
2022年1月1日公開

BanG Dream! ぽっぴん'どりーむ!

712022年1月1日公開

kis********

5.0

映像と音楽の素晴らしさに感動しました。

ネタばれなしで書ける範囲で書いていこうと思います。 最初に記載をしておく点ですが、内容はテレビ版を見ていないとさっぱりわからないと思います。そういう意味では純粋にバンドリファンのために作ったアニメという作品でした。 さてそんな中でまず1番に驚いたのは映像の美しさです。本当に驚きました。 1期はアニメ作画崩壊からの2期3期はCG+一部手書き絵になりましたが、今回の映画はベースCGは変わらないものの手書きの書き込み量が大幅に増えていて、たとえば頭につけているアクセサリが立体的になっていたり、色味の使い方もはっきりくっきりとしていたり、影の描写などもしっかり描かれていて立体感を感じる事ができましたし、凄いレベルまでクオリティを上げたなと本当に感動をしました。 バンドリ好きならこの映像だけで過去の色々な事が思い出されてきて、思わずじんわりくるのではないでしょうか。 次に音楽ですが、こちらも素晴らしかったです。一切の妥協が無いです。音源もライブっぽく響き感を変えていて、まるでフィルムライブを見ているかのような感動でした。バンドリ映画らしくユニットが歌うシーンも沢山あるので、歌パートが大好きな方にもおすすめです。 そしてシナリオ。お話としてはそれぞれのキャラクターの成長を感じながらも、いつものバンドリらしいドタバタがあったり、若さが全面に出てしまって失敗をするシーンなどが丁寧に描かれていて90%満足だったのですが、1つ欲しかったのは泣きのシーンです。今回の映画をみて感動をするしないは人それぞれだと思いますが、自分にとってはハラハラわくわくドキドキみたいなものは十二分に感じる事が出来た一方で、これまでは必ずあった「泣き」が少し弱く感じてしまったところがあり、過剰な期待値を持ちすぎてしまった分、若干肩透かしを食らったために1点マイナスとしました。 ただ、シナリオは決して悪くないのです。すごくよかったのです。ですので、ここはやや辛めにつけたと思っていただければ。 最後に配役です。これは既にホームページで公開されているので記載しますが、今回のメインユニットは、ポピパ、モルフォ、RASとなっています。これまでならモルフォの代わりにロゼリアでしたが、ロゼリアを入れてしまうと対バン構造にどうしてもなってしまって、アニメ1~3期が終わった今何をかくの?となってしまう事から、ニュートラルなRAS、それと後輩格のモルフォをいれたんだとおもいますが(その他ユニットは響メインではないのでそもそも入らないでしょうし)、やっぱりバンドリといえばロゼリア抜きにはみたいな所はあると思うので、この事から自分は1点下げました。ただ、これは本当に自分のわがままで下げていると思って頂ければです。 逆にその分新しいかかわりや、これまであまり聞かなかった声も沢山聴くことができるので、未来へ繋げるという意味では良かったのかもしれません。 という事で長くなりましたが、若干のマイナスはあったものの全体的にはとっても満足でした。今度見る機会があれば、高音質高音響の場所でぜひ見てみたい作品です。

閲覧数414