ここから本文です

グッド・ワイフ (2018)

LAS NINAS BIEN/THE GOOD GIRLS

監督
アレハンドラ・マルケス・アベジャ
  • みたいムービー 45
  • みたログ 31

2.93 / 評価:27件

水槽の中の魚を見るごとく淡々と

  • pikott さん
  • 2020年12月5日 16時37分
  • 閲覧数 114
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

好みの映画でした。
メキシコのセレブ妻の日常と、金融危機の中で変わっていく姿を淡々と描いています。登場人物に感情移入するでもなく、セレブ妻たちのマウンティングや虚飾を少し離れたところから見つめている感じがします。
表面仲良く上品に見せながら心の中では自慢したり馬鹿にしたりしている奥様方。心理劇が好きなので興味深く見ました。主人公ソフィアも新参者アナ・パウラも意地悪。かわいそうと思う場面もありましたが、友達にはなりたくないタイプ。
ソフィアの肌と髪でおちぶれた感じを出しているのもうまい。前半は完璧にセットされた髪が、後半はぼさぼさになってくる。磨いていたお肌も、首に湿疹やひっかき傷が残ったままになっている。ソフィアの夫の心情が、ラジコンで表されているのも、ぼっちゃん育ちの男の子どもっぽさと情けなさが表現されていてうまいです。
最後のシーンがウエットな感じで終わらず、ユーモアを含ませているのも好みでした。

ファッションとインテリアも観ていてとても楽しかった。
フィラのテニスウエア、アイボリーやレッドのすてきなドレス、とろみ素材のいかにも高級素材のブラウス(ドットのブラウスやターコイズブルーのリボン付きのブラウスがかわいい)シルクの部屋着、グッチの靴、シャネルバッグ。
肩パッドが象徴的に使われているのもおもしろかった。
ソフィアの豪邸のインテリアもすてきでした。
映像全体に薄いブルーがかかっている感じで、それがとても上品で好きでした。

どの国の映画もいいものだなと、改めて。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ