ここから本文です

上映中

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン (2018)

DER TRAFIKANT/THE TOBACCONIST

監督
ニコラウス・ライトナー
  • みたいムービー 43
  • みたログ 47

3.48 / 評価:33件

夢と現実の対比が印象的

  • gil***** さん
  • 2020年8月22日 0時10分
  • 閲覧数 411
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作は、ナチスが勢力を強めつつある第二次世界大戦直前のウィーンを舞台に、少年が青年となるまでを描いた作品です

心理学者フロイトが少年のよき理解者として登場することにちなんで、劇中では青年の心理状態を表す夢として様々なイメージが提示されます

そんな幻想的な描写と、ナチスに飲み込まれていくウィーンの対比が恐怖心を強めます
かつて善良な市民だったであろう肉屋の旦那が見せる後悔の眼が全てを語っているように思えました

主人公が最後に煙草の手入れをするシーンは、彼の誇りを直視したかのようで心を打ちました

なお、主人公の異性関係について、なんでそんな子を選ぶんだというのはヤボでしょう
夢中になってしまったから仕方ないのだと思います

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ