ここから本文です

銃2020 (2020)

監督
武正晴
  • みたいムービー 20
  • みたログ 77

2.39 / 評価:64件

解説

拾った銃の魅力に支配されていく青年の姿を描いた『銃』を、新たな視点で再映画化。原作者の芥川賞作家・中村文則が原案と脚本を担い、前作で企画・製作を担当した奥山和由と監督の武正晴が再び組んだ。銃に翻弄(ほんろう)されるヒロインには『銃』で“トースト女”を演じた日南響子がふんし、『影に抱かれて眠れ』などの加藤雅也のほか、友近、吹越満、佐藤浩市らが共演。さらに『銃』で主演を務めた村上虹郎、彼を追い込む刑事を演じたリリー・フランキーも同じ役柄で登場する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

深夜、ストーカーの富田(加藤雅也)から逃れて薄暗い雑居ビルに入った東子(日南響子)は、思いがけず拳銃を拾い部屋に持ち帰る。銃の持ち主が気になり再び雑居ビルに向かった東子は、そこで見かけた不審な男・和成(佐藤浩市)の後を追うが、逆に待ち伏せされる。その後、人を殺した隣人親子の後始末を手伝った東子は、死体に向かって発砲。やがて、拳銃の行方を追う刑事(吹越満)が東子の前に現れ、彼女を破滅に導いていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ