上映中

ミッドナイトスワン

1242020年9月25日公開
ミッドナイトスワン
3.9

/ 9,230

49%
15%
17%
15%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

新宿のニューハーフショークラブのステージに立っては金を稼ぐトランスジェンダーの凪沙(草なぎ剛)は、養育費を当て込んで育児放棄された少女・一果を預かる。セクシャルマイノリティーとして生きてきた凪沙は、社会の片隅に追いやられる毎日を送ってきた一果と接するうちに、今まで抱いたことのない感情が生まれていることに気付く。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(1,315件)

切ない26.7%泣ける25.3%悲しい19.3%絶望的5.6%ロマンチック3.8%

  • Hassy

    3.0

    やっぱり理解できない

    「ミッドナイトスワン」を観ました。 元SMAPの草彅剛がトランスジェンダーを演じた作品です。まったく理解できませんが、性別は別にして母性がテーマの作品だと思うと少しわかる気がします。 生産性がないとか言われますが、人生はその人のもので自由だと思います。ただ自分の身内にいたらと思うと複雑です。 「新しい地図」の面々はそれぞれ個性的な映画に出ていて光っていますね。

  • azz********

    2.0

    オススメできない映画

    がっかりを通り越して、悲しくなった映画。 LGBTへのものすごい偏見もあり バレエを話題作りの一部としか見て いないのかと思いました。 後半は、鬱々とメンタルやられ気味になってしまい、家で観ていたので、映画館で観ていなくてほんとに良かったも思いました。 賞をとった作品ですが、草なぎさんは、どうして引き受けたのだろうと考えこんでしまいました。 映画は、やはり、人を勇気づける力になるものであってほしいと、心から願います。 監督さんは、頭を冷やしたほうがいい。

  • ooz********

    4.0

    ネタバレゆさぶられ、かきむしられ、苦しい・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • かお

    5.0

    ネタバレ人生で1番心に残った映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • はちみつ

    5.0

    涙が止まらない

    心から感動して涙が止まらなかった映画です。 生きてきて2作目。それくらい中途半端なものが多いけれど。 トランスジェンダーの方の思い、苦しみがリアルに伝わってきました。草彅くんの抑えた演技が かえってリアルで、引き込まれました。 一果の役の女の子もぶっきらぼう、無表情なのが 妙にリアルでどこにももって行き場のない悲しみや寂しさが本当に痛いほど伝わりました。 一果の友達のリンちゃんの虚無感や悲しさも 一果とは環境や経済状況も違うけれどそれでも満たされないものがあるという現代の病のようなものを感じました。 一果のバレリーナとしての成功を心の支えに ああするしかなかったやりきれなさ、それでも母親になりきろうとした凪沙の思いがあまりにも辛かったです。 凪沙の行く末はショッキングすぎて3日くらい夢に出そうな感じでしたがいつも小綺麗にことなかれ主義でまとめる日本映画にしてはすごいと思いました。 最後、海から凪沙を見る一果の無表情が壮絶すぎることに直面すると人間は号泣は出来ないものなのかもしれないなと、、思いましたね。 何回見ても泣いてしまうけれど唯一ほっこりして好きなのがはちみつしょうが焼きを二人で食べるシーン。凪沙が「野菜も食べな」とつぶやくのがほんとの母親みたいで大好きです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


服部樹咲桜田一果
吉村界人キャンディ
真田怜臣アキナ
上野鈴華桑田りん
佐藤江梨子桑田真祐美
平山祐介桑田正二
根岸季衣武田和子
水川あさみ桜田早織
田口トモロヲ洋子ママ
真飛聖片平実花

基本情報


タイトル
ミッドナイトスワン

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル