レビュー一覧に戻る
ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ
2020年6月19日公開

ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ

LOVE, AGAIN

1122020年6月19日公開

wxj********

4.0

ネタバレ離婚してから始まる恋のドタバタ劇が愉快

冒頭、クォン・サンウ演じるヒョヌは、妻ソニョンに何かをせがまれている。 気が乗らないが、仕方なく渋々承諾し、ある大きなパーティー会場へ。 それは、前代未聞の壮大な離婚式で、式を行うのがソニョンの離婚の条件だった。 こうして離婚が成立し、自由の身となったと思ったヒョヌだったが。 車で接触事故を起こしたと、ソニョンから連絡が入って助けに行く。 その後も、手を怪我したと連絡が入り、何度も呼び出される羽目に。 結局、ヒョヌはソニョンの身の回りの世話をし、一緒に過ごすことになる。 ソニョンが超ワガママで、自分勝手にヒョヌを振り回すのにイライラが募る。 せっかく離婚したのに、ソニョンに翻弄され続けるヒョヌが気の毒だった。 下着メーカーで働くヒョヌは、さほどダメ男というわけでもないし。 離婚の原因は分からなくもないが、あまりソニョンに同情も出来ず。 事あるごとにヒョヌを頼るソニョンの依存心と身勝手さが、腹立たしかった。 お人好しで断れないヒョヌのキャラも含め、クォン・サンウが魅力的。 途中、パンツ1枚で踊る場面や、サウナに入る場面で、しっかり肉体美が拝める。 アクションじゃないのにバッチリ鍛えている、見事な筋肉が見れるのも嬉しい。 クォン・サンウがカッコイイから、余計にお相手に苛立つのかも。(笑) ソニョンは酔っぱらって漢江に落ち、通りがかりの獣医サンチョルに助けられる。 病院に駆け付けたヒョヌは身投げしたと聞かされ、嘆くのが可笑しかった。 ある日、ヒョヌは会社を代表してクレーマーの対応をすることになり、差出人を訪ねる。 メールでクレームを送っていたのは、旧友のサンチョルだったと判明。 久しぶりの再会をきっかけに、その後も会って酒を飲むようになった二人。 その間、ソニョンは助けてくれたお礼にとサンチョルを訪ね、仲が急接近。 度々デートを重ね、すっかりサンチョルはソニョンに惹かれていく。 独身で恋愛下手なサンチョルは、彼女がバツイチだと知り、同じくバツイチのヒョヌに相談。 ヒョヌはアドバイスをするが、その相手がソニョンだと知って驚愕する。 ひとまず、元夫婦という関係性を明かさないまま、交際を続けるのだが。 何も知らないサンチョルとのやり取りが、滑稽で面白可笑しい。 互いの複雑な心情が交錯していくのが、微笑ましくも愉快で楽しい。 ヒョヌはやはり気になるし、彼女には幸せになって欲しいと願っている。 ソニョンもやはり気になるし、新たな恋にイマイチ踏み出せずに戸惑う。 三角関係のドタバタ劇は、ラブコメでは鉄板のプロットである。 サンチョルという新たな存在が加わることで、これまでの関係が変化していく。 また、失って初めてその存在の大切さや有難さに気付くのも、よくある事で。 少し離れてみた事で、冷静になり色んな事に気付くのもよくある事。 最後まで、恋の行方がどうなるのか、ハラハラドキドキものだった。 ヒョヌは、ある連絡を聞き、彼女との過去を思い出し情熱を取り戻す。 初心に立ち返ることは、人生でも恋愛でも必要なことなのかも。 互いを見つめ直すには、一旦離れる事が必要だったという事か。 決意をしてからのドタバタぶりは、スピード感があって良かった。 それだけに、なぁ~んだ、というオチは、温度差も含め可笑しかった。 すぐにとドラマティックにいかず、その後を描いたのもリアリティある。 冷却期間と準備期間を、しっかり取ってから・・・と言うのも大人っぽい。 見終わって見れば、サブタイトルでネタバレしちゃっているわけだが。 離婚を経験してからの、双方の成長と人生再生物語でもある。 ラストは爽やかで、奇跡的なハッピーエンドでホッコリした。 脇の人物とのやり取りも笑えたし、充分満足出来るラブコメだった。

閲覧数401