ここから本文です

鬼手(キシュ) (2019)

THE DIVINE MOVE 2: THE WRATHFUL

監督
リ・ゴン
  • みたいムービー 21
  • みたログ 42

3.97 / 評価:31件

囲碁とアクションの奇抜なアイデアが面白い

  • bat***** さん
  • 2021年3月19日 21時54分
  • 閲覧数 191
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

囲碁の映画。
それは正解であるけど、その言葉だけでは語る事はできない。
囲碁が無いと、この映画は成立しないのは確か。
囲碁は、この映画に登場する人々を結びつける為の幹。
想像以上のアクションとバイオレンスが、この映画には詰まっていた。

囲碁の映画のはずなんですが、成長した主人公の宙吊りで腹筋しながら碁を指すという無茶なトレーニングと、碁に全く必要ないムキムキぶり(腹筋が基盤の目のように割れている)が、まともな囲碁描写を期待しちゃいけない事を物語ってました。

さらに、「霊能者との片腕を賭けた対局」「線路上で対局し負けた方が列車に轢かれる」「優勢を取られ続けると酸が噴射され目を焼かれる改造基盤」などの闇のゲームが息つく間もなく展開されて、ハッキリ訳が分からない。

囲碁の世界。
姉思いの泣き虫な子供が地獄を見て強くなり復讐を果たす。その過程においては、悪い奴らのみを相手にしていた訳ではなく、そして復讐すべき相手にも家族はいる。
複雑な想いが交錯しつつ、映画にどっぷりと浸かっていました。

見終わった後、決して爽快なアクション映画では無かったけど、そのストーリーは格別な味付けは中毒性あり。

囲碁はサッパリ分からなくても、大丈夫です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ