レビュー一覧に戻る
新解釈・三國志
2020年12月11日公開

新解釈・三國志

1132020年12月11日公開

UrbanDockGoer

3.0

隠し玉に死ぬほどビックリ!!

ほんの3年くらい前まではB級作品ばかりの「知る人ぞ知る」に過ぎなかった福田雄一監督。“銀魂”公開前の試写会で間近に見たことがあるが、オーラの無いそこらなのオッサンだった(笑) それがその“銀魂”の大ヒット以来、すっかりヒットメーカー。 本作も出足絶好調で、もしかしたら(“鬼滅の刃”で影は薄くなったが)“今日から俺は!”と合わせて今年の実写映画1,2位独占も夢じゃない。 そんな福田作品は“銀魂”以前から好きで、楽しみにしていたが・・・ 【物語】 舞台は1800年前の中国。 魏・蜀・呉の三国が覇権を争った乱世の時代。 蜀の”英雄“劉備(大泉洋)が平和のために立ち上がるが、天下統一を狙う曹操(小栗旬)が魏軍80万を率いて攻めて来る。 劉備は軍師孔明(ムロツヨシ)の助言で呉の孫権(岡田健史)と手を組み、蜀・呉の連合軍3万が迎え撃つが、戦う前から劣勢は歴然だった。 【感想】 正直な感想としては「薄味」でした。 福田作品の面白さは「バカバカしいほどのクダラナさをマジに撮る」あるいは「クダラナさをとことん突き詰める」ところにあると思う。 そういう意味で本作は「クダラナさの突き詰めが甘い」 半分普通の時代劇作品のような感じ。 そうなるとどうなるか? 多分初めて福田監督など知らずに観た人には単なる 「クダラナイ作品」 「くだらなくて、浅い作品」 に見えただろう。 一方、福田ファンには喰い足りない。 大して期待されていなかったB級作品と違い、 最初からヒットを期待され、キャストも昔とは違う豪華になったことで、 以前ほど思い切ったことが出来なくなってしまったのではないか? 初めて観た福田作品“女子―ズ”で、あまりのクダラナさに感動したのだが、 あの福田節がかなり薄まってしまった。 ずっとB級作品監督だったら、細く長く出来たかも知れないが、売れっ子監督になってしまったがために、今が正念場のような気がする。このままだと飽きられて短い全盛期に終わるかも。 新たな笑いのエッセンス追求を期待したい。 ここまでが作品の中味に関する感想。 以下は表題の「隠し玉」に関する感想。 個人的にはこちらの方が圧倒的にインパクトが有った。ただ、ネタバレにもなるので、これから観る方はご注意を。 俺は心臓が止まるほど驚いた。 とんでもない隠し玉が用意されていた。 広瀬すずが出て来た! なんでそんなに驚くかって!? 俺は広瀬すずフリークなので「マスコミに出る広瀬すず情報は全て把握している」と言い切る自信がある(笑) その俺が出し抜かれるほどの完全なシークレットだったからだ。  出て来たときは目を疑った。 「そんなわけない」 「聞いてないぞ!」 「ソックリさんか?」 いやいや、声も聴けば、紛れもなくすずでした(笑) 出番は1カットのみ、友情出演みたいもの。でも、友情出演って、監督の過去作の主演をしていたり、主演俳優と過去に共演した人なんかがするものだよね。 山田孝之がやはり端役で出演しているが、“ヨシヒコの冒険”つながりの典型的友情出演だから何の驚きも無い。 が、すずは福田監督作品の出演無いし、大泉洋との共演も無い。どういう経緯でこんな端役を受けたのかすごく謎。  強いて勘ぐれば、制作に絡んでいる日テレ、配給の東宝には相当世話になっているから、その義理なのか??? ということで、 隠し玉には驚き、楽しい作品ではあるが、福田作品としてのインパクトは薄かった。

閲覧数1,915