レビュー一覧に戻る
新解釈・三國志
2020年12月11日公開

新解釈・三國志

1132020年12月11日公開

erk********

3.0

まあまあじゃないでしょうか(笑)

まず、福田雄一監督作品はギャグ10個のうち、4~5個はスベるイメージがあり、これはこれでこの監督の味なんだな、という意識で鑑賞している者です。 特に今までの作品では、ギャグシーンでガヤの役者が堪えきれずに笑ってしまっているにも関わらず、カメラを回し続けて同じギャグを連打させる等、ある意味コントに近い演出方法を採っているのを見て、コメディ作品を撮る映画監督としてはある意味斬新な方だなあと思っていました。 で、本作に関して言うとギャグの打率は大体上記のような感じですので、福田作品としてはまあまあ平均的な出来なのかなと。 また、「今日俺」や「ヨシヒコ」とは違い、ギャグだけでなくキャラで笑わせる手法がオリジナル作品の本作では比較的機能しづらい部分もあったように感じました。 良かった点に目を向ければ、渡辺直美は儲け役でしたね。ダンスもキレてましたし、なんだか途中で私にも可愛く見えてきました(笑) ムロツヨシは通常運転、佐藤二朗はこれ以上出番があるとむしろ鼻に付きそう(笑)なので、このくらいが丁度良かったのかなと思いました。 凄く面白いわけではありませんが、そこそこ楽しめる映画をご覧になりたい方は、是非。

閲覧数1,478