2021年8月27日公開

アーヤと魔女

EARWIG AND THE WITCH

822021年8月27日公開
アーヤと魔女
2.7

/ 531

14%
15%
25%
21%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(177件)


  • えいじ

    1.0

    ジブリ作品としては?

    ごくごく少数の個人的な意見です。 ジブリはもう新作を作らない方が良いと思います。 宮崎駿監督作品以外は利益を産み出さないのなら、会社組織としては不味いでしょう。 宮崎駿監督が作ってきた作品と同じくらいのストーリーやクオリティーが描け無ければ、そもそも新作を作る価値は無いと感じます。 酷評で申し訳ないです…

  • mik********

    3.0

    ジブリ作品として珍しい音楽もの

    ジブリ作品としては珍しい3DCG,しかもオープニングからロックの匂いと魔女の匂いの融合さと、誰も見たことない、表現の驚きさが良かったね。

  • abu********

    3.0

    ネタバレそこまで悪くはない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ダークナイト

    1.0

    飽きる作品

    アニメーションは悪くはないのですが、ストーリーと構成が中途半端ですし、飽きて寝てしまう作品でしたね!もっとワクワク、ドキドキ、ハラハラさせる作品にならなかったものか?

  • リファー

    1.0

    かってジブリだった集団

    まさかの宮崎吾朗が監督、期待感ゼロで視聴。 想像を遥かに上回る駄目ぷり、同じ失敗をくりかえす学習能力の無さに驚く。 もう新作は無理、過去の動画の上がりで細々と存続するしか無いのでは?

  • hzd********

    4.0

    自分の人生、自分でなんとかする。

    他の評価みますと子供さんには受けがいいようで。家の子供も面白かったと言ってました。タイトルに書いたようなことを子供が理解できるなら、大変よい作品です。要は人のせいにするな、人に迷惑かけるな、自分の人生、自分でなんとかしろ、ということです。まあ、世間を「アヤツル」なんて発想には至らず、人生なんとかならなかったことを悔やんでる大人が多いですから、こんなテーマは未来ある子供だけのものでしょう。

  • kt0********

    5.0

    英国に遊びに来たよう

    不評多いですね。私的には好きなんですが。 英国に遊びに来たような3D映像、小気味よい展開。 英国ネタの多い宮崎吾朗監督の可愛らしい作品。 長い映画が苦手なのでちょうどいい時間で楽しめます。

  • pat********

    2.0

    ネタバレゲド戦記から本当に、まるで変わってない。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nor********

    2.0

    変な歌は止めて

    これは酷評されるだろうと思ったけど、それはジブリの期待値が高いから。ジブリ作品でなければ可もなく不可もない平凡な作品だと思う。 エンディングの手書きの絵はジブリっぽい良さがあったので、3Dでなければ星1つ増やしたかも?声優が変じゃなかったのは評価すべき。

  • bat********

    2.0

    ネタバレ新しいスタジオジブリで実験映画のよう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • どこへでも

    5.0

    大事な子供目線

    我が子や、我が子の周りの友達は面白い!とまさにブームの様です。 娘に言われた通り評価します。

  • yam********

    1.0

    映画では無い

    なんというか映画構成の分かりやすい悪い例として 教科書に掲載できるような作品でしたね。 雰囲気だけで中身がスカスカすぎる。 全ての場面に意味が無い。伏線も因果関係も無い。 主人公の行動は信念が無く支離滅裂、おまけに見た目も可愛くない。 物語の主人公って本当大事なんだなと思わせてくれる。 これを堂々と映画として公開できるんだから じぶりの力って凄いなと思う。 正直、NHKとかの訳わからないアニメのひとつして コッソリ放送して許されるレベルのものです。

  • tsyy27590

    1.0

    ネタバレ駄作中の駄作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nan********

    1.0

    驚くほどの駄作です

    驚いて言葉もありません。 二度とは見たくありませんが、二度見するレベルのゴミです。

  • ゆう

    2.0

    ネタバレああ・・・よく分からないわ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Hassy

    2.0

    ジブリのトトロが虚しくみえた

    「アーヤと魔女」を観ました。 ジブリ作品で期待しましたが、ほぼ家の中に限定されるせまい世界で展開する残念な作品でした。 12人の魔女とか、母親のその後とかもっと面白くなりそうな要素がたくさんあるのに残念です。 なによりアーヤがあざとくて好きになれません。 次作があるなら期待します。 ジブリのマークのトトロが虚しくみえました。

  • t_1********

    1.0

    ジブリではない。

    嫁と母は映画館で観たいと言っていたが、DVDで正解。 (1)ジブリあるあるだが声優が残念。 今回は意外と声優がまともかなと思わせてアーヤの母親がまさかの片言。 (他の声優さんは割と合ってたかな。) 歌は上手いかもしれないけど片言って・・・。セリフの時に声優変えればいいじゃん。いや待て、ハウルの時もそうやったな・・・。 (2)CGが超残念 ジブリらしさって大事だと思う。食事をするシーン。涙が流れるシーン。たかが漫画なのにひとつひとつに命が吹き込まれてる。この作品はあの1本の鉛筆から産まれる命を台無しにしてるとしか言い難い。 100歩譲ってCGにするのは構わないけどそのCGがPS2版メタルギアソリッドか!ってレベル。今のゲーム業界の方がよっぽどCG技術に長けてる。 (3)ストーリーが終わってる CGやら声優やら有無を言わせないくらいの内容ならまだ☆3くらい上げてもいいんだが、ストーリーもダメときた。 複数の魔女に追われる設定のアーヤの母(結局、伏線回収せず)。 自分の娘(0歳児?)を孤児院の前に置き去りにするという愚行(1児の娘の親としては激怒物)。 アーヤの性格が歪み過ぎて感情移入できない。(大人を操るからアーヤツール?だとしたらサイコパス意外の何物でもない) 魔法の家に閉じ込められて家事やら何やらこき使われるという恐怖。 それでも挫けないで魔女を操ることに信念を持つアーヤにドン引き。 結局、話半分で急に映画が終了する。 あとの色々あったところはエンドロールの挿絵で何となく想像してね。って感じが腹立って仕方ない。 ハヤオの作品は環境問題や人間の欲深さ、そして美しさ。人としての成長や葛藤を感じられた。アニメの枠を超えた本当の芸術作品だった。 ゴロー。あなたは何を伝えたかったんだ?

  • しままる

    2.0

    映画館で観なくて良かった、、、汗

    年末にNHKで放送されたものを家で観ました。 あれ!?こんな終わり方!? テレビだから映画館のやつとは違ってカットされちゃってるのか?と思いましたが、映画館で観られた方々も同じ感想なのでおそらく私が観たものも同じものでしょう。 やっと面白くなりそうと思った矢先で終了。 宣伝が上手ですね。 観てみたい!と思っていた作品だったのですが 映画館で観なくて良かったです。 人に勧めるか勧めないかと聞かれたら 後者です。

  • ラプラスの素材屋

    5.0

    意欲作!

    3Dをあまり違和感無く見れたのは素晴らしい技術。しかし、ジブリは技術よりも人の温もり、心情を音楽に乗せて届けてくれるところが素晴らしい。いつまでも変わらないでほしいですね。

  • moh********

    1.0

    ネタバレ誰がこの企画を通したのか

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/9 ページ中