ここから本文です

上映中

アーヤと魔女 (2020)

EARWIG AND THE WITCH

監督
宮崎吾朗
  • みたいムービー 127
  • みたログ 477

2.76 / 評価:417件

解説

イギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの小説を原作にしたスタジオジブリの3DCGアニメ。身寄りのない少女アーヤが、魔法を教えてもらうことを条件に魔女の助手になる。監督は『コクリコ坂から』などの宮崎吾朗。アーヤのボイスキャストを平澤宏々路、魔女を寺島しのぶ、同居人を豊川悦司、使い魔の黒猫を濱田岳が担当する。企画は同じジョーンズ原作の映画『ハウルの動く城』などの宮崎駿。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

思いのままにできる子供の家で生活していた身寄りのない少女アーヤ。ある日、ベラ・ヤーガという青髪の女とマンドレークという名の怪しい雰囲気の長身男が現れ、アーヤは彼らの家に引き取られる。家に迎えたのは魔女である自分の助手にしたかったからと語るベラ・ヤーガに対し、アーヤは魔法を教えてもらうことを条件に助手として働き始めるが、一向に魔法を教えてもらえず怒りを覚える。そんな中、彼女は魔法の秘密を知る黒猫トーマスと出会う。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ