ここから本文です

上映中

パブリック 図書館の奇跡 (2018)

THE PUBLIC

監督
エミリオ・エステヴェス
  • みたいムービー 182
  • みたログ 298

3.68 / 評価:211件

不思議な映画であった。

  • pass_pair さん
  • 2020年8月24日 22時26分
  • 閲覧数 891
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

まぁ、初見ではたいしたレビューにならないけど・・・

前半に主人公の同僚(部下)との会話の中で、「2つの正義がぶつかり合うとなかなか結論が出せない」と言った趣旨の話が出てくるのだけれど、その後、物語はドンドンとそういう展開になっていく。

どちらのイデオロギーにも正義があり、常に公平に描いていたように思う。そういう描き方の中で、実際に見えてくるものがある。

2つの正義は、どちらも正しく、そして、最終的には力(武力)の論理によって展開していく。だが、どちらに転がっても、どちらも納得のいく結果にはなっていない。

一応の勝者の権力者側にも、拭えぬ後味の悪さが残り、見かけ敗者だがしてやったりのはずの主人公も最後はうつろな表情を見せてエンドとなる。

そう言った当たりのメッセージが「シロクマ」の展示に込められていたのではないかと感じた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ