ここから本文です

上映中

海底47m 古代マヤの死の迷宮 (2019)

47 METERS DOWN: UNCAGED

監督
ヨハネス・ロバーツ
  • みたいムービー 71
  • みたログ 245

3.22 / 評価:209件

何が47m?

  • tom***** さん
  • 2020年8月1日 23時06分
  • 閲覧数 596
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず、前作は水深47mの位置まで落ちて、サメから逃げるだけでなく潜水病にならないよう注意して帰還する必要があったが、今回は何が47mなんだか良く分からなかった。

馬鹿な女子高生4人のせいで大人が3人も犠牲になってしまうとは何ともやり切れませんね。

突っ込みどころ満載だったが心の中で1人突っ込みをしながらそれなりに楽しめた。洞窟ダイビングなんてそもそも超高難度なのに、素人4人の女子高生だけで行くなよ!って、しかも目印ロープも持たずに、そりゃ迷うでしょって。

サメ映画特有の突然現れてびっくり!というシーンが何度もあって心臓には悪いと思いましたが(笑)

途中、父親と会って脱出したと思ったら、日本の「蜘蛛の糸」の作品の様に女子高生が我(われ)先にという感じで1人分しか耐えられないロープに2人で脱出しようとした結果、ロープが外れて2人とも助からず&全員そこから脱出不可能となってしまった挙句にサメの餌食に...。まぁいつサメに襲われるか分からない状態であれば自分が先に脱出を、と思うのが人間の心境なのでしょう。

途中の激流はうずを巻き過ぎでは?と思ったが潮の流れが速いところは実際あれぐらいあるんですかね?

最後やっと助かった!と思ったら次は別のサメの群れに襲われ万事休すと思われたところ、何とか助かって良かったが、普通、サメの歯(父親からもらったもの)で引っ掻いたところでサメが一度かじりついた獲物を離すとは思えないが(笑)

いじわるな女子高生(主人公の妹をいじめている軍団のボスキャラ)がサメに食われるのだと思ってましたが、そちらは観光船で悠々でしたね。主人公の妹も予定どおりそっちに乗っていれば怖い思いもしなかったのに。

まぁ3.5ぐらいかと思ったが甘く見て4点にしておきました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ