ここから本文です

アトラクション 侵略 (2020)

VTORZHENIE/INVASION

監督
フョードル・ボンダルチュク
  • みたいムービー 11
  • みたログ 36

2.80 / 評価:30件

前作とは違う。新たな展開にドキドキ!

  • rat******** さん
  • 2021年1月17日 22時29分
  • 閲覧数 274
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作で生き残った彼女が監視下にあるところから始まります。
何で、未だ?って感じだったけど、よくよく考えたら死の淵から生き残っているし、宇宙人の接触者だからね。研究材料になっちゃってた。

ところが宇宙人の彼氏に再開する辺りから、いや~な雰囲気が漂います。
宇宙船の防衛システム(?)、AIみたいなものが彼女の殺害を企んで、フェイクニュースを流しまくる。
全てのデジタル器機が乗っ取られるなんて、今の時代にはこんなに恐ろしいことかってのを痛感しました。

とは言え、ここら辺の展開ってのが地味なんだよね。前作のCG満載のド迫力映像から比べると淡々としてる。
全く別の作品みたいな感じだったんだけど、クライマックスは大いに魅せてくれます。
【ネタバレ】






地上の水分が水柱となって舞い上がり、水の壁を作っていく。
これだけの大迫力画面だから、きっと予告編で使われているのかもしれないけど、なにしろスゴい!
水壁の中は洪水状態でどんどん水かさが増していく。

前半のデジタルパニックは、大がかりな割には映像として弱いと思ったんだけど、後半の大水害シーンは、ド迫力で押しまくる。

「アトラクション」の二作は、それぞれの雰囲気でホンッと楽しませてもらいました。
ロシア映画もなかなか侮れません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ