ここから本文です

はりぼて (2020)

監督
五百旗頭幸男
砂沢智史
  • みたいムービー 93
  • みたログ 108

4.27 / 評価:85件

不正追及を貫いたキャスターたちに拍手

  • nao***** さん
  • 2020年10月25日 21時32分
  • 閲覧数 761
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

政務活動費不正使用のため富山市議会の自民党議員が数多く辞任したり、図太く居座ったりしていることに怒りをおぼえるとともに、議長が最大派閥である自民党から常に選出されるため、新しい議長就任→不正発覚→議長辞任というサイクルを繰り返し、最終的に自民党の新人議員が議長になってしまったのは、怒りを通り越して笑ってしまった。不正を犯した自民党議員たちからすれば、「昔からやっているじゃないか。他でもやってるじゃないか。」という気持ちであろうが、彼らの姿を俯瞰したならば、重度の一歩手前の麻薬患者のように見える。富山市議会は日本の社会の縮図であろう。日本のいたるところでこのような麻薬患者がはびこっており、そしてまさに重度の麻薬患者が、国会にいる自民党議員たちであろう。そしてその自民党議員たちを現在たくさんの日本国民が盲目的に支持している。その国民たちも重度の麻薬患者であろう。この映画を通して、我々日本人はこの現状を認識し、コロナウイルス以上に危険なこの麻薬の蔓延を撲滅しなければならないことを痛感した。最後の方で、不正追及を精力的に行っていたキャスターが辞職するという場面がでてくる。おそらく重度の麻薬患者たちからの圧力がテレビ局にかかったのであろう。この怒りを通り越したコメディーはフィクションではなく現実なのである。果敢に戦い続けた彼らに賞賛を贈るとともに、今後の彼らの行動を何らかの形で支えていきたいと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ