ここから本文です

行き止まりの世界に生まれて (2018)

MINDING THE GAP

監督
ビン・リュー
  • みたいムービー 126
  • みたログ 104

3.90 / 評価:71件

貧困と父親との確執

  • koi***** さん
  • 2020年9月28日 16時41分
  • 閲覧数 772
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

意外にも3人は、問題のある貧困な家庭で育ったがワルではない、という事に驚く。3人に共通するのは、父親不在か父親の暴力が家庭困難の根源にあるが、それぞれそこを乗り越え自分の未来を見つめ、葛藤しながら行動する姿に共感し感動させられる。見ているうちにこれはドキュメンタリーではなく、名脚本家が描いたヒューマンドラマではないかと思ってしまった。そしてザックの妻が可愛く自然な会話で登場していたので、女優の後撮りシーンかとも思わせられる。オバマの評価も納得の仕上がりだった。ビン監督にはドキュメンタリーにとどまらず大成してもらいたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ