2020年8月28日公開

ブルータル・ジャスティス

DRAGGED ACROSS CONCRETE

R15+1592020年8月28日公開
ブルータル・ジャスティス
3.5

/ 139

12%
37%
37%
12%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

強引な逮捕をしたことから6週間の無給停職処分を下された、ベテラン刑事のブレット(メル・ギブソン)とその相棒トニー(ヴィンス・ヴォーン)。家族のためにも金を得なければならないブレットは、トニーを誘って不穏な動きを見せる犯罪者をマークし、闇取引の金を奪う計画を立てる。監視していたボーゲルマンという犯罪者とその仲間が動き出し、その後を追うブレットとトニーだが、想像だにしない事態に直面してしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(28件)

パニック11.9%絶望的11.9%切ない11.9%不気味10.2%恐怖10.2%

  • eri********

    3.0

    ネタバレ後半はエグイ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mr_********

    4.0

    銃撃戦は控え目。

    この映画を観ていて、「ちょっと長いな~」と思って後で調べたら、159分の長尺映画だった! しかし、退屈したわけではないし、最後まで引き付けられたので面白い映画と言えるのかもしれない。 でも、普通このぐらいの尺があれば、5,6回の銃撃戦やカー・アクションがあったりするものだが、そんなには無いので(笑)そういう展開を期待する方には向いていません。 ベテラン刑事ブレット(メル・ギブソン)とその相棒トニー(ヴィンス・ヴォーン)は、強引な逮捕が原因で6週間の停職処分となった。 30年近くも昇進もせず、低賃金なのに不正にも手を染めずに来たブレットはついにキレた! 犯罪者の麻薬取引などを襲撃して金をかすめ取ろうと企てたのだが・・・。 後は観てのお楽しみだが、産後ウツみたいな銀行員のエピソードはいらなかったのでは?と思った。 ラストで人質が解放されたが、ブレットもトニーも不用心すぎるし。 また、お互い一人ずつ生き残ったので、山分けの取引をするのも、あり得ないな~と思った(言わんこっちゃない)。 ま、全体的に面白かったので、星4つです。 ところでブレットとトニーの上司のカルバート警部役がドン・ジョンソンだったのでビックリ! 懐かしいTVドラマ「マイアミ・バイス」等で有名。 もう70歳ぐらいなので面影ありませんでした(笑)

  • are********

    4.0

    面白い、だが現代向きではない

    それが良いとか悪いとかでは無く、全体的に昔の小説や映画を思い出させられる あの頃って「このシーン本当にいる?」「早くアクションしろよ」みたいなシーンが多かった。 それは今の時代ではテンポが悪いと片付けてしまえるが、 良い見方をすればそのシーンがあるからこそあっけなく死んでしまう登場人物や悪役にもドラマが見えてきてより深く映画に入り込めるもの。 そういう意味でとても良い映画。 ただどうしてもスッキリするような展開では無いので好き嫌いも別れるし、誰にでもオススメとは言えない。 丁寧に作られた映画ではあるので爽快アクションとかを見飽きた頃に観ると良い

  • hok********

    3.0

    ネタバレ久々R-15の刑事モノ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nyy********

    3.0

    じわじわくる映画

    かなりダラダラした展開から… 急に… 手や指が吹っ飛んだり頭部破裂! 下半身撃たれまくりの人体解剖! 結末があまりよくないかな、もう一捻りあれば良かった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブルータル・ジャスティス

原題
DRAGGED ACROSS CONCRETE

上映時間

製作国
カナダ/イギリス/アメリカ

製作年度

公開日