2020年9月18日公開

メイキング・オブ・モータウン

HITSVILLE: THE MAKING OF MOTOWN

1122020年9月18日公開
メイキング・オブ・モータウン
4.1

/ 111

38%
41%
16%
4%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1959年、ベリー・ゴーディが「タムラ・レーベル」をスタートさせたことから始まった音楽レーベル「モータウン」。スティーヴィー・ワンダーやマーヴィン・ゲイ、ダイアナ・ロス&シュープリームスなどの楽曲が次々とヒットした裏には、「クオリティーコントロール」と呼ばれた品質管理会議の存在があった。一方で人種差別や暴動といった苦難を乗り越え、反戦などメッセージ性の強い楽曲なども発表されていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(20件)

楽しい25.5%かっこいい17.6%笑える9.8%かわいい7.8%泣ける5.9%

  • rin********

    5.0

    友情

    友情無くして 名曲なし  ほんとに そうです。 なんか それを ずっと見て いたい、と 思った 2時間でした

  • wendytiger

    4.0

    ★4・3 音楽で差別をぶっ壊した人々

    ダイアナ・ロスがいて、スティービーワンダーがいた。モータウンが生み出したアーティストと音楽。あのビートルズやネルソン・マンデラまで絶賛したという。ドキュメンタリーの秀作

  • ken********

    4.0

    才能当てれる人たちが集まったね

    モータウン創立時を紐解くドキュメンタリー映画。 モータウンには才能あふれる人たちが集まったんだなー。 それを生かした創設者の手腕がお見事ですね。 一文化を作った偉大な人だ。 懐かしい音楽に映像が見れてよかったよ。

  • ymm********

    3.0

    モータウン記録映画かな。

    70代以上の人が影響を受けたイギリスのビートルズ。 そしてアメリカの黒人ソウルミュージック。 アメリカの総本山がモータウンレコードだ。 そのモータウンのコンセプトや歴史を、創設者が数々のヒット曲を交えて語る。 だから関心の無い人は来ないだろうなあと思いつつ映画館内へ。 予想通り日曜日なのに5人だけの鑑賞だ。 懐かしさいっぱいの曲を聞き、モータウンの楽曲制作の方針と成功を知り、とても満足した。 が、ドキュメンタリー風なので、映画として、高い映画代払って見るものだろうか。 まず若い人はこないだろうな。 鑑賞意欲が、そもそもわかないだろうなと思った。

  • mot********

    4.0

    幸福な

    創るのも、聴くのも楽しかった。音楽の幸福な時代をとらえた感動のドキュメンタリー。だって、創設者と看板歌手がゲラゲラ笑いながら昔話だもんね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
メイキング・オブ・モータウン

原題
HITSVILLE: THE MAKING OF MOTOWN

上映時間

製作国
アメリカ/イギリス

製作年度

公開日