ここから本文です

ブラック アンド ブルー (2019)

BLACK AND BLUE

監督
デオン・テイラー
  • みたいムービー 47
  • みたログ 121

3.98 / 評価:92件

圧倒的な緊迫感と焦燥感

  • taka さん
  • 2020年8月1日 1時00分
  • 閲覧数 172
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

これはかなり面白かった。
絶体絶命のシーンが続き、観ているこちらも焦ってくる。
圧倒的な緊迫感でスクリーンに釘付けになり、あっという間にラスト。

スラム出身の若い黒人女性(ブラック)が警察官(ブルー)になり、地元に赴任することから始まる。
ここでは警察はやりたい放題。地元のギャングと癒着しまくり。
正義感の強い主人公は先輩と車で駆け付けたところ、同僚がギャングを射殺するシーンを目撃、しかも体に装着したカメラが一部始終を録画していた。
これに気付いた同僚たちは、目撃した主人公を消し、カメラを取り返そうと追いまわす。
しかも誰を信じればいいのか区別がつかない。

普通は、絶望の中にかすかな光が見え、頑張って追いかければ光が大きくなってくる。
この作品は逆。絶望の中にわずかな光が見えるので追いかけると光が消える。他の光を追いかけるとそれも消える。暗闇がどんどん増していくというもの。
なので観ているこちらは絶望感が増してくる。
これを好きか嫌いかで評価が分かれると思う。

でも緊迫感をここまで維持できるのは大したもの。
一見の価値あり。
自分は秀作と感じた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ