2021年1月8日公開

おとなの事情 スマホをのぞいたら

1012021年1月8日公開
おとなの事情 スマホをのぞいたら
3.2

/ 538

11%
30%
35%
17%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(121件)


  • eri********

    4.0

    ネタバレ夫婦で参加はムリ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dkf********

    3.0

    キャストと脚本に難ある改悪リメイク

    元ネタのイタリア映画の脚本が非常に良く出来ていたので、これを真似ればよく出来たリメイクになるという理屈だが、この日本版リメイクは本当に平均点止まりだ。 なにしろキャストで合格点なのは常盤貴子くらいであとは全員がパッとせず、誰でも代替が効くレベル。 役者の力がモノを言う会話劇だけに、まずこれが致命的に物足りない。 オリジナルにあったスマホが鳴るたびにハラハラするようなサスペンス感も薄いし、コメディなのにやたらに感動話に持っていこうとする演出も鼻白んだ。なによりイタリア版のエンディングを鮮やかな印象にしていた月食の件が全く活きてないのは大きなマイナスポイントで、売れっ子の岡田惠和の手になる日本仕様のリライト脚本がことごとく不発に終わっている。 普段洋画を観ない人は本作で初めてこのプロットを観るのだろうが、これはあきらかに改悪レベル。ベースとなったイタリア版脚本に敬意を評し★3とするが、リメイクとしてこれ以上の上積みは全くない。

  • まあくん

    3.0

    日本人にはちょっと無理過ぎるかな

    イタリアの原作はまだ見ていないが、きっとこの作品よりお洒落で人間味をさらけ出した映画なんだろうなあ。 どうも日本人には、もっと修羅場になるか、気まずい雰囲気のまま時間が過ぎてしまうだけになってしまうに違いない。 脚本家も本家イタリア版に負けないように、ウイットにあふれた会話劇に仕立てたかったんだろうが・・・。

  • nor********

    2.0

    ネタバレ言い出した子に嫌悪感

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tos********

    3.0

    残念なことに

    皆既月食の日。新婚の幸治と杏、思春期の娘がいる絵里と隆、倦怠期の零士と薫、相手が来られなくなった三平が夕食会を開く。そこでスマホに届く内容を公開するゲームを始める。  オリジナルのイタリア版は観ました。4組の男性が旧知の仲で集まる設定は、日本ではちょっと不自然。だから、その絆の設定を変更したと思われます。それが説明的でかえって不自然な演出となり、残念なことに。物語のその後を想像すると、イタリア版のようなさわやかな後味にならずに深刻なことになりそう。零士の良さが、もっと強調されてほしかったし。  他国版も観てみたいです。リメイクがたくさん制作されると、オリジナル版も観るから大きなビジネスになりますね。

  • ひーろーかむおん

    2.0

    筋立てを知って知ってしまっているし……

    …自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  あらすじは、WOWOWの解説の次のとおり。  『美容外科医と精神科医のセレブ夫婦である六甲隆(益岡徹)と絵里(鈴木保奈美)。  3人の子育てに追われる倦怠期の中年夫婦、園山零士(田口浩正)と薫(常盤貴子)。  2年前に結婚した若夫婦の向井幸治(淵上泰史)と杏(木南晴夏)。  そして、唯一独身の小山三平(東山紀之)。  彼ら男女7人は、8年前、ある出来事をきっかけに偶然知り合い、以後定期的に集まって親交を深めていた。  その日、1年ぶりに再会した彼らは、各自のスマホに届くメールや電話をすべてみんなの前でオープンにさらすゲームを始めることとなり……。』  で、隠し事は何もない筈が、実は全員が誰にも知られたくない秘密「おとなの事情」があり、それぞれが疑心暗鬼に陥り、夫婦関係が壊れ、友情に罅が入っていく……といった流れだ。  イタリアのオリジナル版『おとなの事情(2016)』では、「ハラハラドキドキするホラー染みた匂いまで嗅ぎ取れる」として☆四つ付けており、韓国版『完璧な他人(2018)』では、「筋立てを知ってしまっていると、それほどの面白さは感じなかったが、大好きな顔クシャのユ・ヘジンが出ているので、それだけで儲っけもん」の☆三つだった。  本作は、筋立てを知って知ってしまっているし、それほどの贔屓の役者もいなかったので、観て損まではしない程度の2.2点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数78件目)

  • chi********

    2.0

    ワクワク感なし…

    先に韓国版を観たせいか、どんな展開になるのかというワクワク感はなかった。スマホを公開し合うという設定だけ残して、一つ一つの事件は現代日本的な要素を入れれば笑えたのになぁ。元の作品をなぞっただけのリメイクは観る価値が感じられない。

  • ぼへみあん

    2.0

    説明過多

    イタリア版が良かったので観賞。 本家のいい部分をかなり削っちゃって残念。コメディ色をより強くしたせいで、現実感乏しく響かなかったな。登場人物紹介から、役者のセリフやスマホの画面見せる場面まで、いちいち説明する感じが強くて違和感。もっと観客に想像させる演出でよかったのに。どうしても本家と比べてしまうのでガッカリ感が強い。

  • ang********

    4.0

    ★5に近い★4

    レビュー1980作品目。WOWOWシネマにて視聴。 アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦主婦です。 さて本作品。 本家のイタリア映画が作られているのを知らず、昨年「韓国版、完璧な他人」を見てしまいました。いやあ面白かったなあ。 で、韓国版では★4を付けたので。 そして本家イタリア版は明日位に見るつもりで、★5の予定なので。 相対評価で、本作品は★4を付けざるを得ない。 本当は★5を付けたかったのですが。 普段は洋画か、日本映画ならアニメか特撮系映画を見る生活の為、 本作品でも知っている俳優は「ヒガシ」だけ。 でも、よくもまあ適材適所の布陣。 女性陣は「替え」が効きそうですが、あの脇役であろうが一番光っていた、小太り眼鏡の三枚目の役者さんが光っていたなあ。 韓国版とは、細かい所で違う所もあり、 「この映画だと、セレブ医者が悪者じゃないがな」と不満も出たものの まあそんな事は些細な事。 凄く凄く面白かったです。 まあ、本作品の監督や脚本家の功績では無く、 原作イタリア映画のおかげですが。

  • ore********

    3.0

    ネタバレなんだかなあ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yos********

    3.0

    ネタバレ理屈っぽい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ちょい悪おおかみ

    3.0

    ベースの作品が面白いからハズレではないが

    日本版がリメイク19作目ということか? これ韓国版が面白くて本家があることを知って勿論視て今回日本版で三作目 その他の国版は視てないが基本は同じだろうな ストーリーを知っているからだがごく普通! ヒガシがゲイなのはちょっと無理があるか スマホの中を暴露し合うのは今の世では個人情報の観点からNGでは? 常盤貴子夫婦はそんなに大した暴露ではなかったが 一番問題なのは雇われシェフと鈴木保奈美 シェフに至っては別の女を孕ませてるし、鈴木保奈美と付き合ってる? ダメでしょ、これは!! それなのに最後アイス食ってオムレツ食べて笑ってる。イタリアの陽気な国ならそれでもいいかもしれないが、ここは日本! 普通即離婚でしょうが 確か韓国版は傷の少ない夫婦は仲良く帰ったが他はドロドロだったような 何で今これをリメイクしようとしたのか? 原作が有るから脚本が簡単? だから邦画は進歩しないのでは! 常盤貴子のおっぱいだけが目立った作品でした

  • jts********

    3.0

    いかにも日本的

    だいぶ前に観たいなぁと思っていて見逃した事を思い出して、ブルーレイをレンタルして鑑賞しました。  他の方のレビューを拝見すると、オリジナルはイタリア映画とのこと。日本っぽく無いシチュエーションだと思っていたのですが、そこはまあ納得。  スマホをオープンにするというのもちょっとあり得ない設定で、ストーリーの導入に無理があると感じる。日本人っぽく無い設定。  序盤のドタバタもまあまあ面白いけど、後半の良い話モードは少し興醒めに感じてしまいました。いかにも日本映画的な締めくくり。現実ではそうはいかないと思うのですが、出席者の共通体験がそれを上回るという事なのでしょうか?  かつてのトレンディドラマ常連女優や、屈指のバイプレイヤーである益岡徹さん、田口浩正さんの演技は凄く良いと思う。それだけに何か惜しい感じの作品でした。

  • gte********

    3.0

    田口さんが上手い!

    海外版のオリジナルが大ヒット。本作は日本人のためのリメークらしいのですが、とても良く出来ていると思いました。脚本が素晴らしいのでしょう。基本は本作もオリジナル版に準じているそうです。  役者さんも上手い。東山さん演ずる唯一の独身役は他の誰かでも良かった気がしますが、田口さんの役は彼ならでは。本当に笑わせて貰いました。ただ、ストーリーやラストには少々疑問も。  本作を観た多くの日本人が思うことでしょうが、こんなことがあった後でさすがに夫婦としてはもうやっていけないのでは? 外国人ならまだしも、日本の文化的背景からは無理でしょう。

  • ケロロン

    2.0

    ネタバレわかりやすすぎ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • よっぴ

    4.0

    ネタバレ2時間の映画での理想形

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • svn********

    3.0

    ネタバレ過度な期待はしない方が

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cyborg_she_loves

    1.0

    生理的に受け付けない

    テレビドラマ「あなたのことはそれほど」にも、波瑠さん演ずる妻のスマホを東出くん演ずる夫が毎日盗み見て、不倫してないかチェックする、というシーンが出て来ました。  私はこういう盗み見みたいなことをする人って、「倫理道徳に反する」とかいう高尚な理念に基づいてではなく、もっと生理的なレベルで、拒絶反応を起こします。気持ち悪いです、こういう人が近くにいるだけで、ゴキブリかなんかがいるのに近い感覚に襲われます。  なので、上記のテレビドラマも、世評はなかなかよかったらしいですけど、私は第3話までも見れませんでした。なんでこんな我慢しながらドラマ見なきゃならんの? と思った。  この映画も、同じでした。  人間、どんなに信じてる相手にだって、見せられない部分があるのは当たり前です。そこをあえて「見せろ」と言わない相手だからこそ信じられる。それでこそ人間ってもんでしょう。  「本当に私のことを信じてるならスマホの中身を全部見せなさいよ」、なんて言うこと自体、相手を根本的に信じてない証拠です。そんな人と一生うまくいくなんてこと、ありっこないです。  もしあなたのパートナーがそういうことを言う人だったら、私は、そんな人とは一刻も早く別れることを、強く強くお勧めします。  私はそういう考え方の持主なもんですから、この映画は半分ぐらい以後、どうにも我慢できなくなって、爪切ったり部屋片付けたりしながらとりあえず結末まで見たという事実だけは作りました(笑)。

  • Idz

    4.0

    結論はその後で!に賛同します。

    倫理観をほぐすのに1時間かかりました。 この作品、R50くらいがちょうどいいかもね。

  • mak********

    3.0

    そういう終わり?

    集まった人々にいろいろな事情があり、後からバレていくわけですが、あんなこんないろいろあって、最後はなんだか一件落着ぽくなるのがわからない。ありえない。

1 ページ/7 ページ中