ここから本文です

上映中

すばらしき世界 (2020)

監督
西川美和
  • みたいムービー 696
  • みたログ 2,122

4.22 / 評価:1767件

上映時間よりも長く考えさせられる作品

  • ska***** さん
  • 2021年3月10日 15時27分
  • 閲覧数 1050
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

13年の刑期を終えた元殺人犯三上(役所広司)が出所し、三上の更生に弁護士、市役所の職員、スーパーの店主たちが協力するが、目の前に現れる社会の不条理のために、現実は厳しいことが描かれている。
 三上は路上で恐喝に逢っている男性を見かけると見て見ぬ振りができず、その男性を助けるのだが、言葉ではなく体が先に動いてしまい、恐喝の男たちをボコボコにしてしまう。
 弁護士たちは、これではまた刑務所暮らしになってしまうと思い、カッとなるようなことがあっても暴力は押えじっとがまんするよう言い聞かせるが、なかなか実行できない。
 そんなある日、施設に雇われていた三上は二人組の男性職員が三上と仲の良い脳に障害を持った職員をイジメているところを目撃するが、三上は暴力を振るわずじっと我慢した。(イジメた側の言いなりになった。)帰り際にイジメられていた職員から花をもらい家路に着くが・・・
 映画の最後に「すばらしき世界」のタイトルが表示され、監督から「さあ皆さん三上の最後の気持ちはどのような気持ちだったと思われますか?(この社会はすばらしい世界と思われますか?)と突然問いかけられたようで、映画を観終わって数日経った今でも三上の最後の気持ちや社会の不条理について考えています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ