ここから本文です

上映中

すばらしき世界 (2020)

監督
西川美和
  • みたいムービー 698
  • みたログ 2,125

4.22 / 評価:1769件

妄想的不可思議な関連。

  • くま既知 さん
  • 2021年4月2日 17時33分
  • 閲覧数 513
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

西川美和監督の作品は
永い言い訳以外全て観てます。ブルーレイには焼いてるから近日中に観るつもりですが。

さて、稀に見るハズレのない監督、かなりの方が熱量たっぷりのレビューを書かれていて皆さん最高です。

全てをチェックするのは不可能なので

映画ヲタ的に私が妄想した感想を書かせて頂きます。

昨年黒沢清監督のCUREの4Kレストア版のブルーレイを観返し過ぎたので

この作品に対して不可思議な妄想がふつふつと。

仲野太賀演じる役がキュアのうじきつよしさんにかぶってしまって

西川美和監督の脳内の妄想を勝手に想像してしまった。

キュアのネタバレはしたくないがこの作品のことは語りたいので書きますが

役所広司さんとうじきつよしさん、

役所広司さんと仲野太賀、

同士であり探求者であり父子関係でもある。

キュアから24年位たってますが当然西川美和監督も観てるはずなんです。

あの頃の役所広司さんは今村昌平さんのうなぎやなんやらかんやらで既に大スターでした。

ちなみに私が初めて役所広司さんを観たのは伊丹十三監督のタンポポでした。

この素晴らしき世界、タイトルが最後に出るのは最初から分かってましたが

現実とあれだけ折り合いをつけて

さあこれから・・・。

意地悪で優しい監督ですね。

本作は西川美和監督の、嘘と映し鏡がない映画でもあります。

前作を観てないから最終結論には出来ませんが。

長澤まさみ、キムラ緑子、安田成美、梶芽衣子、良い女優の女性ならではの視点もありつつ

役所広司さんをを脱がしまくる!

仲野太賀さえも!

かなり自由に原作を置き換えて脚本を作り上げても

やはり凄い才能だ。

カメラが語るんですよね、実に上手く。

それでいてモノローグが邪魔しない。

今年の邦画の豊作度はハンパないですね。

るろうに剣心も毛色は全く違うが楽しみだし

本作を気に入った方にはヤクザと家族もオススメします。

なお、題材に使ったキュアは万人受けでは全く無いですが観て損はありません、と言いたい。

長々と書いてしまってすみません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ