ここから本文です

上映中

すばらしき世界 (2020)

監督
西川美和
  • みたいムービー 571
  • みたログ 1,437

4.23 / 評価:1179件

青空ノムコウには『すばらしき世界』

  • ksg***** さん
  • 2021年2月23日 21時26分
  • 閲覧数 820
  • 役立ち度 25
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画を見終えたあとの余韻が大きすぎて苦しい。
文字にして頭から吐き出さないと・・・迷惑な映画だ。

津乃田君が書き上げた小説を観賞させられることになる。

図書館の机の上には『ネグレクトと子どもの脳』。
津乃田君は三上に電話して核心に迫る。

ねえ三上さん、三上さんに訊きたいのは・・・

怒りや暴力を抑えられない人の多くは子供のころにひどい虐待を受けて
脳が傷ついているそうですね。

でも子供はどんな目にあってもたった一人の母親を慕うことは止められない。

白いかっぽう着を着た母が逢いに来てくれたとか、
橋の上で手を振って母を見送ったとか、

母は迎えに来てくれたのに自分が孤児院を抜け出してしまったからとか、
ずっとお母さんをかばっているけど、本当にそう思っていますか?

全部あとから自分で思い込んで創りあげた幻想でしょ・・・。
ラーメンを部屋にぶちまける三上。

親の愛情を受けたことがなく、虐待によって脳が萎縮し
脳の傷を負ったまま大人になったのが三上であったなら、

弁護士の自宅で食事中におかわりを勧められて突然泣きだす三上、
子供たちとサッカーを楽しんだあと崩れ落ちて嗚咽する三上、

コスモスの花を少し持って帰らないと言われて涙ぐむ三上、
整理整頓の潔癖さ、単純作業への集中力・・・、

外見ではわからな障害者。

親が幼児を虐待して殺す。
目黒5才児(結愛ちゃん)虐待死事件は忘れられない。

コントロールできずに爆発する感情の原因は本人の気性もあるがそれだけでは
ないということを就職祝いに集まったなかで津乃田君は気づいていた。

元妻と娘とのデートの約束をしたあとに亡くなった。これからという時に。
嵐が過ぎ去った後のあさぎ色の空の下の出来事、この容赦なき現実の世界。

出所した元犯罪者を更生するためのシステム、
虐待をなくすためのシステム・・・

様々な問題を解決するためのシステムを日本人ならつくれるはずでしょ。
結愛ちゃんを死なせてしまった大人の責任。

青空ノムコウにはすばらしき世界ありと信じたい。

このレビューを書いているうちにこの映画は、
結愛ちゃんへ送る追悼の映画のように思えた。

まま

もうパパとママにいわれなくても しっかりとじぶんから 
きょうよりかもっと あしたはできるようにするから

もうおねがいゆるして ゆるしてください おねがいします
ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして

きのうぜんぜんできなかったことこれまでまいにちやってきたことをなおす
これまでどんだけあほみたいにあそんだか 

あそぶってあほみたいだからやめる 
もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいやくそくします

もう あしたはぜったいやるんだぞとおもって 
いっしょうけんめいやる やるぞ

2月下旬ごろには、雄大被告が結愛ちゃんの顔面を殴打し、
顔が腫れ上がることがあった。

2月27日ごろから、結愛ちゃんは嘔吐を繰り返すようになる。
ただ、顔のケガなどから虐待の発覚を恐れて通報はしなかった。

その結果、容体が悪化。3月2日、雄大被告が119番通報をする。
消防隊や救急隊がアパートに臨場し、

救急病院に搬送したが、搬送先の病院で死亡が確認された。
ここまで読み上げると、検察官は裁判長を見上げた。

「5歳11カ月の生涯でした」

「被害者は身長108センチ、体重12.2kgになっていました。
全身にわたり、新旧170カ所の傷があり、皮膚は浅黒く変色していました」

雄大被告は、顔に強く力を込め、目を閉じていた。

何かで一緒に風呂に入っていた時だったと思うんだけど、
雄大が自分の頭を指さして

『俺は頭蓋骨が変形するくらい親父に殴られて育ったんだ』って
明かしたんです。

結愛ちゃんを虐待死しさせた父親の
船戸雄大もまた子供のころ親から壮絶な虐待を受けて育った・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ