ここから本文です

上映中

すばらしき世界 (2020)

監督
西川美和
  • みたいムービー 571
  • みたログ 1,438

4.23 / 評価:1179件

見終わった時タイトルに納得した

  • nsa***** さん
  • 2021年2月24日 7時47分
  • 閲覧数 898
  • 役立ち度 14
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公三上(役所広司)刑期を終え出所日の朝。
刑務官に反省しているのかと問われ、
うなずくものの、心情は違った。
彼にとっては殺人ではなかった。
こんなに正直でいいのか?
彼は母親を探してもらおうと出版社に自分の身分帳を郵送していた。
出版社から連絡があり、乗り気の三上。
しかし出版社には思惑があった。
三上に用意されたアパート。
夜中に下の階の住人が大勢で話し飲み食いがうるさく、ごみも分別していない。
夜中の騒音にイラついた三上は、下に降り注意する。
口論となり一番強そうな者と外で話し合うことに・・。
三上、お前はどこの組だと問、自分が親しくした組をいう。
何と自分から平穏な生活を破るのだった。
こんな調子じゃ更生もなにもないじゃない?
そして三上、スーパーで万引きを疑われる。
三上は切れそうになるが、腹痛でそれどころじゃなくなりスーパーを立ち去ると
スーパーの店長が追いかけてくる。
三上は買った商品を忘れていったのだ。
店長は自分が勘違いしたことを詫び、
三上が忘れた商品と共にメロンとイチゴを持参していた。
三上にとって初めての友達候補である。
三上がスーパーに行くと店長が話しかけてくれる。
三上が自分がテレビにでるかもしれないと店長に告白すると
店長は三上に言う。
それは三上にとっていい話ではないのでは?と。
三上は何で喜ばないのかと店長と絶交する。
まあ、気が短いのである。
これは前途多難。これからどうなるのかと・・。
生活保護申請に行く。
就職したいので免許の更新に行く。
三上、真面目になろうと努力する。
腹痛で医者にかかった三上は働ける状態じゃないとドクターストップがかかる。
しかしそんな体でも
、三上は生活保護なんかもらいたくないと
働きたいと思っていた、しかし就職が見つからず
つい昔の仲間というか恩義になっていた先輩に連絡する。
すると先輩はすぐに来いと優しい。
三上すぐに先輩の住む福岡に飛行機で飛ぶのだった。
ああこのまま昔に戻るのかと思いきや
先輩の女房が凄かった。
三上は一人じゃない。
戻った三上、生活保護ではなく就職したいという気持ちを知った
生活保護の担当者の紹介で
三上は介護施設でアルバイトできるようになる。
しかしそこは職員間でいじめが横行していた。
いじめられていたのは知能が遅れている青年。
彼の仕事をチェックしなければならず他の職員があからさまに嫌がっていたのだ。
そんな青年が雨の夕方外に出たまま帰らない。何をしているのか誰もわからない。
まさか事故にあったのかもと私は思った。
しかし三上が帰宅しようと外に出た時にその青年は戻ってきた。
彼はコスモスを両手で抱えていた。
三上に青年は言う。
三上さんコスモス持って帰りませんか?
強風と雨でコスモスがダメになると思った青年はコスモスを助けるために
外で作業していたのだ・。
三上に微笑みが浮かび、私も、この青年の清らかな思いに感動。
ああここでこの映画が終わってもいいとさえ思えた。
三上の生活は少しずついい方向へ向かっている。
そう思えたのに、

最後まで見終わって、
初めてこの映画のタイトルが心に響いた。
この世界は捨てたもんじゃないと思えた。
役者さん全員がよかった。
でもやっぱり役所さんの情緒不安定な心情の変化の演技が絶品。
よかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ