2021年7月2日公開

アジアの天使

1282021年7月2日公開
アジアの天使
3.3

/ 128

20%
27%
29%
10%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

妻に先立たれ、男手ひとつで一人息子の学を育てている青木剛(池松壮亮)は、疎遠だった兄(オダギリジョー)が暮らすソウルに移る。韓国で仕事があると聞かされていたものの、実際には兄は経済的に困窮しており、剛は怪しい化粧品の輸入販売を手伝うことに。一方、そのソウルでタレントとして活動するチェ・ソル(チェ・ヒソ)は、所属事務所の社長と関係を持ちながら自身をとりまく環境や兄妹との関係に悩みを抱えていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(23件)

切ない18.2%コミカル15.2%笑える13.6%楽しい12.1%泣ける6.1%

  • lud********

    4.0

    新鮮な感じのロードムービー

    とても良かったですね~ 日韓混合のロードムービーが何だか新鮮でした。これまでも日韓混合はあったけど、これは新鮮に感じたし、ふれ合いが自然だった。 言葉が通じなくても、こうして分かり合えることがある。 オダギリジョー、池松壮亮は二人とも好感の持てる俳優で、韓国のヒロイン役の女優さんも良かったしキャストが成功でしたね。 ラストの食事シーンが印象的。 こうして世界がひとつになれれば良い。 人間の社会は分割が必要だから、国という単位はあっても、人類としては争わずにひとつになれたら…という意味で。

  • ひーろーかむおん

    2.0

    失笑しか漏れん

    加齢のためか、近頃、書くのが滅法界億劫になってきたので、一口寸評にする。  あらすじは、横着をして、WOWOWの解説の次のとおり。  『愛妻を亡くした後、兄の透(オダギリジョー)から誘いを受け、8歳となるひとり息子を連れ、日本を引き払って韓国へやって来た青木剛(池松壮亮)。  しかし、透は怪しげな商売に精を出して一向に頼りにならない上、剛はまるで韓国語が話せず、異国での新生活は不安だらけ。  一方、元アイドルの売れない女性歌手チェ・ソル(チェ・ヒソ)は、未来のない自らのタレント人生に疲れを感じていた。  ふとした奇縁で2人はめぐり逢い、お互いに言葉が通じない中、次第に心を通わせていく。』  最近観てえらく惹かれた『茜色に焼かれる(2021)』の石井裕也監督作品らしいので観てみる。  チャランポランでいい加減で頼りない兄貴のオダギリジョーは、いつもながらにハマり役で、そんな兄貴に翻弄されながらも慕い従う池松壮亮との兄弟愛は微笑ましかった。  韓国側の3兄妹のバランスもなかなかユニークで惹かれたが、双方相乗りしてのロードムーヴィーは聊か単調で面白みに欠けたかな。  その面白みを挽回するが如きの天使の登場には失笑しか漏れんかったな。  韓国映画には一歩も二歩も遅れをとっている邦画だが、人の褌で相撲を取ろうとしてもそうは問屋が卸さずだったな(是枝監督の目利きは成果を捥ぎ取ったが……)。  こんな感想しか書くことはできないが、観て損まではしない程度の2.2点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数223件目)

  • yab********

    3.0

    良くわからない感情は全部愛だ

    『舟を編む』、『茜色に焼かれて』、そしてこの作品と、石井裕也作品にオダギリジョーは欠かせない。  彼が出ているだけで、重いテーマをはぐらかしてくれるオーラがある。  それは彼がある意味、社会規範という得体の知れないモンスターをおちょくれる、稀有な存在だからかもしれない。  しかも言っていることが、とても真実をついてたりする。  この作品で彼が言った一番好きな言葉。 「良くわからない感情は全部愛だ」  ソウルという異国が舞台の作品で、言葉もハングル語がほとんどの作品で、たまに繰り出される彼の日本語が、突然心に染みてくるのだ。

  • mon********

    3.0

    またまた石井ワールド全開

    芯がありそうに見えてふわふわと雲をつかむような焦点の定まらない演出に時折放り込まれるシュールな笑いと石井さんらしい作品ではあるのですが面白いかどうか?と言われれば間違いなく面白くないと言い切れる。もっと韓国と日本のヘイト合戦みたいなのでドロドロにしておいて最後に和解融合みたいな形にすれば感情も盛り上がったのでしょうが。ところで何故に天使??

  • tec********

    4.0

    韓国嫌いだけど

    案外にとても、よかった。 感情移入できないってレビューあったけど、そうかなあ。それなりに入りこめたけどね。オダギリジョーの支離滅裂ぶりも、らしいなぁ、とクスクス笑いながら。一貫して言葉が通じないっていうので、字幕がウザかったのはやむなしか。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
アジアの天使

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日