ここから本文です

わたしは金正男(キム・ジョンナム)を殺してない (2020)

ASSASSINS

監督
ライアン・ホワイト
  • みたいムービー 40
  • みたログ 55

3.87 / 評価:46件

丁寧に描いているが疑問は消えない

  • mcp******** さん
  • 2020年10月11日 14時50分
  • 閲覧数 1056
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

2017年2月に発生したマレーシア・クアラルンプール国際空港での
金正男殺害事件について丁寧に描いたドキュメンタリーです。
東京ディズニーランドで遊ぶため家族を連れて日本に密入国した金正男は
この事件を機に後継者の地位を失い、海外を放浪する無任所の立場と
なります。その資金供与を行っていたのは中国であり、金正恩体制になってから
むしろ「何かあった時の首のすげ替え要員」としての利用価値は高まりました。
北朝鮮国内において自分に反目しそうな党・軍幹部を次々と殺害しまくった
金正恩でもさすがに中国・北朝鮮の力関係を考えればマカオなど中国での
殺害は行えません。
マレーシアは①北朝鮮と最も関係良好な国であり、なんとビザなし渡航が出来る
②金正男がCIAとリゾートアイランドで接触していた(渡した情報が何であるか
は分からないが10万ドルの報奨金を受取っている)←これが事後連絡でも
中国を怒らせないと想定?ことから殺害に最も適した場所と考えたようです。

決行前に何度かにわたってリハーサルを行っていたことは実行犯にさせられた
インドネシア人フォンさんの動画に多く残っており、首謀者である北朝鮮人
たちも複数映っています。
映画では空港内でのVXガスによる殺害の前後についても丁寧に追いかけて
いますが・・映画から離れて疑問点がいくつか。

実は殺害前後の防犯カメラ映像は日本でだけ異例の早さで渡され流されて
います。殺害に関わる情報はすぐにマレーシア政府によって統制下に置かれた
でしょうが、なぜ日本にだけ漏洩したのでしょうか。

空港での外国人女性を使った殺害は成功しましたが、空港警察が行った
措置は金正男を韓国人と誤認したため(パスポート表記がDPR Koreaだった
ため係員がKoreaだけに反応して韓国大使館に連絡)、殺害のニュースは
数日中に世界中に広まってしまいます。どうも北朝鮮としては北朝鮮人の
突然死として秘密裏に処理しようとしたのでは、という見方とその時点でも
北朝鮮国内外に存在していた「金正男が王朝継承の正統者」とみなす人々へ
見せつけるためだったのかはっきりしません。どっちだったのでしょうか?

事件後実行犯に仕立て上げられたインドネシア人のドアンさんとベトナム人の
シティさんの間では量刑について大きな差がつきました。
インドネシアでは北朝鮮の犯罪に巻き込まれた、という同情が強かった一方
ベトナムではバッシングの嵐。世界で一番マトモにみえるベトナムですが
しょせん「社会主義国」なんですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ