ここから本文です

クライマーズ (2019)

攀登者/THE CLIMBERS

監督
ダニエル・リー
  • みたいムービー 22
  • みたログ 43

3.51 / 評価:35件

大っ嫌い!としか言えない。

  • sou***** さん
  • 2020年10月2日 18時19分
  • 閲覧数 732
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

チャン・ツィイーとジャッキー・チェン!
そりゃあ、どっちも大好きなので観る。

でも、微塵も期待していなかった。

ここ数年で、山岳系の映画はここがピークでしょう!ってドキュメンタリー映画を数本観たので、CG屈指したアジアのムービースターの映画が勝てる筈がねぇし、と思っていた。

案の定である。

どこまで事実に脚色があるのか知らないが、超低酸素の山岳で走り回って無事でっせもアホくさいし、なんでもかんでもドラマチック過ぎる。要するに山岳アクションとして描く事で、リアリティの少ない大袈裟過ぎる映像なのだ。
例えるなら、やり過ぎカーアクション。カースタントで見せる迫力とCGの作り物感の違いに似ている。
やり過ぎて興醒めする山岳アクションだと思う。コレは、いろんな映画を観たせいもあるかもしれない。こんな意見もあるのね…程度で、どうぞよろしく。

この映画問題は更に深い。

中国の大作映画ってお国の援助が潤沢である代わりに、国内で上映する上で検閲があるそうだ。チャン・ツィイーとジャッキー・チェン。エベレストでCG満載とくりゃ、インディペンデンスなわけがない。もうね、お国の意向が溢れ出る内容なのよ。
お国のために!お国のために!

ww2前の映画を観るような気分。

お国のために!と考えなさいと導く世の中よりも、自然発生的にお国のために!と思いたい世の中を作るのが政治家の仕事なんじゃねぇの?国が導かなくても、国が大好きでいれる世の中とでも言うか…。

もうね、お国のために!の押し付け感が酷い。プロパガンダだと言わざる負えない。

更に、ジャッキーの名前を使ったキャスティング詐欺である。エンドロールになって初めて登場。後日談だけ出演ってなんやねん。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ