ここから本文です

ディメンション (2020)

PROXIMITY

監督
エリック・デミューシー
  • みたいムービー 2
  • みたログ 38

2.55 / 評価:29件

大甘で★5かな。かなり好みなので

  • tokyo_sy*** さん
  • 2021年6月21日 5時09分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1918作品目。WOWOWシネマにて視聴。

アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦主婦です。

いやこの作品。単純完結にあらすじを書くと

・主役組三人(若い男女、初老人)は宇宙人に攫われた経験有り
・数日間攫われていたが記憶は無く、その代わり特殊能力ゲット
・超絶進化体の宇宙人が再来訪し、話し合い和解。
・主役組も人類組織から逃げきれ、全員幸せなハッピーエンド

いやもう、突っ込みどころは満載。

・医療や科学、物理、死者すら蘇生させる超絶文明の進んだ
 宇宙人なのに、何故か全裸
・宇宙人を研究している人類組織が、何故あそこまで暴力的なのか不明
 (主人公組を意のままに出来ないと解ると、殲滅しようとする)
・攫われた際、記憶欠如になる理由が不明

そして何より

・宇宙人が来た理由が「イエスキリストに逢う為」

イエス様は、宇宙製造の要なんですと。
その話し合いを、主人公組が逃げ込んだ森の中の山小屋の中で。

それもそれも、せっっっっまいダイニングテーブルに向い合せで座って。
立とうと思って椅子を後ろに動かしたら、確実に半分もいかない間に椅子が壁に当たる狭さ。
そこにボロボロの木のテーブルセットがあり、いきなり出て来た宇宙人と向い合せに座っている画面のシュールさたるや。
おまけに、いきなりイエス様がどうとかだし。

ここで、視聴者全員が「何なんだっっっ」と。

多くの人が
「あ!?!?何なんだ、金と時間返せよ」と怒り。

私の様な、超絶少数な人間が
「わはははは、何これ。想定外過ぎる。サイコー」と思う。

冒頭からの
・ずっと録画していた画像を見ると、僕は宇宙人に攫われたみたいだ
・動画サイトに投稿し、いちやく時の人に
・フェイク物だと思われ、一般市民から総すかんに。
・それでも僕は、宇宙人に会ったんだっ
・中盤に、何やら特殊能力が発動したぞ

ここまでの流れが、結構イケている。
主人公も全くイケメンじゃなく、ウルトラ神経質草食で
「こいつ、何人か幼児をヤッてるな」と確信出来る様なサイコ系。

挙句に、宇宙人が主人公から「イエス様の関連情報映像」を検索するが
そこに出て来られたイエス様の、荘厳なお姿たるや。

もう楽しくて。

「何故、わざわざ人類を誘拐してまで。そんな必要なんて皆無。そもそもインターネットや書籍で十二分に情報を取れるやろて」

また「物を透明化する能力」の筈の主人公なのに、
いつのまにか時間停止や念力も持っているし・・

でも、そんな疑問や不満も一掃する程の、山小屋宇宙人の想定外さ。

ああ、楽しい。

甘めですが満点

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ