レビュー一覧に戻る
ボヤンシー 眼差しの向こうに
2020年8月7日公開

ボヤンシー 眼差しの向こうに

BUOYANCY

932020年8月7日公開

高橋 延治

4.0

他人事じゃないアジアの底辺

東南アジアの底辺国カンボジアのそのまた底辺家族の少年が、よりよい生活を求めて、豊かな (はずの) 隣国タイに向かう。 仕事先を紹介するブローカーは「人買い」で、法外な手数料を取るか、取れないときはキックバックのある奴隷職場に売りつける。 売られた先は約束の「工場」ではなく雑魚を集めて (多分底引き網) 魚肉屋に売るこれまた底辺の漁船だった。 タイの底辺がカンボジアの底辺から搾取する。 そこには「給金」も「契約」もなく、ただただ暴力による支配のみがあった。 その構図が終盤で逆転し、文字通りの「倍返し」になる流れに多少の爽快感はあるが、その先は (わずかな・1航海分の水揚げと引き換えに) 希望の無い将来 (犯罪者として家族に会うことも許されない) が待っていた。 映画はアジアの辺境の出来事として描かれているが、実はこの日本でも同じような底辺同士の搾取が起きていることを知らなければならない。 興味のある方は「外国人技能実習生」で検索してほしい。 正しく頑張っている人たちもいるが少なくない例として、安い労働力を必要とする農家の人たちと、「日本で稼げるぞ」と甘言に乗って送り込まれた「研修生」の悲劇がいくつも見つかるだろう。  給料のほとんどが前払いの旅費の返済に消え、わずかしか残せない研修生、 農家の側も言葉を教育して、宿泊/食事の世話をして、紹介者に謝礼を払うと、わずかの給料しか払えない。 結果、多くの「実習生」が「脱走」して日本の裏社会で犯罪 (売春/窃盗) に関わっている。 日本にも何千人のチャクラと「漁船の船長」がいることに目を向けなければならない。

閲覧数437