ここから本文です

上映中

ホモ・サピエンスの涙 (2019)

OM DET OANDLIGA/ABOUT ENDLESSNESS

監督
ロイ・アンダーソン
  • みたいムービー 48
  • みたログ 71

3.07 / 評価:54件

一口寸評

  • nn1***** さん
  • 2020年12月14日 12時22分
  • 閲覧数 266
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

全33シーンをすべてワンシーンワンカットで綴る、脱力系監督の最新作。
市井の人々の些細な日常風景を、淡々と積み重ねたオムニバス風の作品だった。
ファーストシーンは、高台の公園のベンチに腰かけている男女を固定カメラの長回し(約3分)で映し、会話はといえば、女「もう、秋ね」男「うん」だけである。
テーマは、‘人生における間の悪さ’、とでも言おうか。
独特な映像の肌ざわり、構図や色彩の妙は相変わらずだ。
シャガールの絵のような、男女が空飛ぶシュールなシーンは真ん中あたり。
下界に蠢く人間どもの不幸を嘆き悲しむ、アダムとイヴのように見えた。
登場人物のなかでは、神を信じられなくなって、精神科医に相談したり、酒に溺れたりしている神父に同情した。
とはいえ、前作『さよなら人類』(14)越えを期待すると拍子抜け。
カンヌの銀獅子賞は誰がどこを評価したのだろうか、よくわからない。
次は、もうちょいと力作?を希望する。
評価は、4★に近い3.5★で。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • 不思議
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ