レビュー一覧に戻る
ヘル・フィールド ナチスの戦城

ひーろーかむおん

2.0

夢オチ的な展開はあまり好みではない

…自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  あらすじは、WOWOWの解説の次のとおり。  『第2次世界大戦末期のフランス。  クリスたち5人の米兵部隊は、かつてナチスが占拠していた城の見張り任務に就くことになった。  食料も乏しい野戦続きだった彼らは、快適な城の中での危険も少ない任務に喜ぶが、なぜか前任の部隊は逃げるように城を去って行く。  不審に思うクリスたちだが、すぐにその理由が判明する。  この城では奇妙な現象が頻発するのだ。  怪現象の原因を調べる中で、彼らは惨殺された家族の悲劇を知るのだが……。』  レビュー数は未だ4件のみだ。  あんまり人目に付かない作品なんだな。  戦争アクションものかと思ったら、ホラーだった。  5人の米兵がそれぞれ曲者揃いなのでなかなか愉しく、彼等を襲う怪奇現象も定番並みの恐ろしさはあった。  で、彼等は、これらの怪奇現象はナチスに惨殺された一家の呪いかと推測するが、折しもナチスの軍隊が攻め込んできて、ミリタリーアクションとホラーのごった煮になる展開も面白かった。  でも、終盤でこの流れはガラッとひっくり返される。  時は現代に移り、クリスたちはアフガニスタンの任務で瀕死の重傷を負い、生き続ける気力を養うために、コンピューターで第2次世界大戦の疑似体験をさせられていたのだった。  その疑似体験にアフガニスタンでのトラウマがホラーとして蘇ってしまった?という解釈でイイのかな??  なんでもありの夢オチ的な展開はあまり好みではないので、観て損まではしない程度の2.4点といったところかな。。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数57件目)

閲覧数925