レビュー一覧に戻る
サイレント・ウォーター

スナフキンM

3.0

海洋パニックもの悪くはないが

話としては姉妹の幼少期のトラウマなども描かれるが、ピンポイントで岩に挟まれて動けない妹を姉がたった1人でどうにか助けようとする話。 こういう限定シチュエーションものは大好きで、とにかく周りにあるものをフル活用する。 海洋物のこういう作品では個人的に傑作と思っている「ロスト・バケーション」ほどの秀逸さはないものの、水中の緊迫感、焦燥感などはよくできている。 姉の行動がちょっとドジが多かったり、いやトランク開くだろ?とか思ったり、一番は近くの民家に助けを求めに行き、不法侵入の挙句に番犬を殺害してしまうのは余計だったかなって、あれ、あとで揉めるぞって。その民家のコーヒーメーカーのスイッチがついたままの伏線はまったく回収されず、短い尺からいって、カットされたシーンがもしや多かったのかも。

閲覧数486