ここから本文です

上映中

いのちの停車場 (2021)

監督
成島出
  • みたいムービー 313
  • みたログ 800

3.45 / 評価:638件

どうしてこうなっちゃうのかなぁ

  • nqb******** さん
  • 2021年6月28日 9時48分
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作を読んで、吉永小百合で映画化されていると知り、不安でしたが観に行きました。どうしてこうなっちゃうんだろう。ペラペラッの薄~い映画に成り下がっていました。
 原作を読んで、映画を観るということはストーリーはわかっているので、あとはどう料理されているかに興味は移ります。エピソードの取捨選択をどうしているのか。そこが個人的な興味の対象でした。さすがに全ての章を全部映画化は無理。メインになるのは6歳の小児がんのエピと最終章の安楽死だと思いました。
頸椎損傷とかプラレールはもったいないけど割愛だろうと予想していました。
ところがこの映画はほぼ全部入れてます。おまけに原作にない石田ゆり子まで入れて!時間が足りなるくなるに決まっているじゃないか!結果全てがよくわからない中途半端な出来になってしまっています。
 この映画のいちばんダメな点を言いましょう。原作と映画は別物です。映画独自の視点を入れることが悪いとは全く思いません。だからみんなが集まる店で物まねすることが不必要だとはいいません。でもあそこで主演の吉永小百合に物まねさせないことが、全てを物語っています。つまり悪い意味で女優「吉永小百合」に忖度してしまっていること。スタッフ監督以下、「吉永小百合」のイメージを崩す要求が出来ないこと。あの流れで吉永小百合演じる咲和子先生に物まねさせないことはありえないではないですか!
 「ふしぎな岬の物語」同様、吉永小百合がかかわるといい原作だったとしてもすべてが腐ります!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ