レビュー一覧に戻る
いのちの停車場
2021年5月21日公開

いのちの停車場

1192021年5月21日公開

shp********

3.0

ネタバレやや薄い

................................................................................................ 医師試験に毎年落ちて医師になれず、大病院で事務職の桃李。 非常に優しく、子供が泣きわめくのを見てつい医療行為をしてしまった。 その責任を取って上司の小百合は退職。地元金沢で訪問医療に携わる。 そこへ追って来た桃李、院長の西田、看護婦のすずで家族同然になる。 でそこからオムニバス形式で5~6人の患者に対応するが大体死ぬ。 小百合の父は病により、慢性的な痛みに苦しめられてた。 そして尊厳死を希望し、小百合はそれを決意、西田にそう告げる。 で最後、思いとどまったのか、今からなのか、親子共に朝日を見て終了。 ................................................................................................ いい作品だとは思うんだけど、オムニバス形式って薄く感じてまうわあ。 石田ゆり子のが一番泣けたけど、他のはそんなにいらんくない? ってかどれか1つをメインにして焦点を当てた方がいいと思った。 オムニバスが終わったと思ったら急に父親の尊厳死の問題になる。 どうしても端折った感じは否めないなあ。

閲覧数2,955